Sponsored Link

大根おろしが辛くなる理由と辛みを減らす方法について

大根おろし

大根おろしが辛くなる理由って?

サンマに大根おろしを合わせた食べたりするとこの上なくおいしいですよね。
おかずの一品としても簡単に用意することができる大根おろし。

ですが、いざおろしてみるとすごく辛かったりすることってないですか?
今回はそんな大根おろしの辛みのお話です。

大根おろしが辛くなる理由って?

大根おろし
大根おろしはそもそもなぜ辛くなるのでしょうか?

大根おろしの辛みは「アリルイソチアシアネート」という成分によるものです。
このアリルイソチアシアネートは、本来大根の中には存在しません。
それではなぜこのアリルイソチアシアネートが発生するのか?

それはアリルイソチアシアネートは細胞が壊されることで初めて化学反応により生成されるからです。
細胞が壊される、つまり大根を切ったりすりおろしたりすることですね。

大根おろしの辛みを少なくする方法は?

大根辛み少なく
大根おろしが辛くなる理由はお分かりいただけたでしょう。
次は辛みを少なくする方法です。

おろし方を工夫する
大根おろしが辛くなるのは細胞が壊れことに起因しています。
つまり、なるべく細胞を壊さないようにおろせば辛みを抑えることができます。

辛みを抑えたいときは、ゆっくり円を描くように大根をおろしましょう。
円を描くようにおろすことで、大根の繊維にそっておろすことになるので辛みを抑えることができます。

大根おろしに適している部分を選ぶ
大根は部位によってアリルイソチアシアネートが発生する量が違ってきます。
葉に近い部分が最も辛みが少なく、根っこ側は辛みがとても強くなっています。

そのため大根おろしにするときは、大根の真ん中から葉に近い部分を使うといいでしょう。
こうすることで大根おろしの辛みを抑えることができます。

個人的には大根の八羽の近くだと辛みが少ないなぁと感じるので、
大根の真ん中あたりを使うのが一番いいのかなぁと思っています。

大根の根っこ側は大根おろしにするのは避けて、お味噌汁などに使うといいでしょう。
大根の特性と辛くなる理由をしっかりと覚えて、おいしい大根おろしを食卓に並べてください。

以上、大根おろしが辛くなる理由と辛みを減らす方法についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ