Sponsored Link

空気が汚れない!オイルヒーターのメリットとデメリットについて

オイルヒーター

オイルヒーター そのメリットとデメリット

冬の暖房器具と言えば、エアコン・こたつ・石油ファンヒーター・ストーブと色々とありますが、
最近は、空気が汚れないと評判の、オイルヒーターも売れていると聞きます。
売れている理由としては、石油ストーブと比較するとオイルヒータの本体価格が高かったのですが、最近は本体価格も手ごろになってきており購入する方が増えたと言われています。
今回は、そんなオイルヒーターのメリットとデメリットについて調べてみました。

オイルヒーターは難燃性の油を電気で加熱し、その熱で空気を暖める暖房器具です。
本体は多数のフィンのついた密閉された容器となっていて、その中にオイルが密閉されています。
オイルの熱はフィンによって放熱され、その輻射熱で室内の空気を暖める仕組みになっています。
(参考:オイルヒーターwikipedia)

オイルヒーターの最大のメリットは、静かな事と空気を汚さない事

オイルヒーターのメリット
オイルヒーターのメリットは、静音性とクリーン性の二つを上げることができます。

・音が静かで安全

オイルヒーターにはファンヒーターのファンのような、熱風を送り出す駆動部分がありません。
そのため、非常に静音性に優れています
熱せられたオイルの輻射熱を利用することから、本体の表面温度は電気ストーブ等と比較して低く、直接触れてもやけどする危険性は低くなっています。

子供がいる家庭でも安心と言う事です。

ただし、長時間触っていればやけどをすることもあるので注意は必要です。

・空気を汚さないクリーンな暖房

これはオイルヒーターだけではなく、電気暖房全般に言えることですが、非常にクリーンな暖房器具です。
石油ストーブやガスファンヒーターは燃料を燃やすため、どうしても空気を汚染します。
石油ストーブの臭いがどうしても・・・ と言う方にはオイルヒーターは最適と言えます。
また、ファンヒーターのように風を起こすことがないので、ハウスダストを拡散することもありません。

ハウスダストや花粉が飛び散る心配がないので花粉症の方には最適です。
また、空気も乾燥しないので寝ている間に付けっぱなしにしても喉が痛くなりにくい点が非常に優れています。

オイルヒーターの最大のデメリットは暖房効率と電気代が欠点

オイルヒーターデメリット
一方で、オイルヒーターには他の暖房器具に劣るデメリットもあります。

・暖房効率が悪い

オイルヒーターは輻射熱を利用した暖房というその特性から、暖房としての即効性はありません。
ファンヒーターのようにスイッチオンすればすぐに熱風が吹き出す暖房と違い、スイッチを入れてからその効果が出るまでに時間が必要です。
また、電気でオイルを加熱することから、消費電力は大きく、ランニングコストが高くなりがちです。
エアコンと比べると3倍~6倍ランニングコスト(電気代)が掛かると言われています。

空気の出入りの多い場所では暖房効果が失われる

上記のような特性をもつことから、オイルヒーターは人の出入りが激しい部屋や換気が頻繁に行われるような場所の暖房には向いていません。
外気が部屋内に入ると暖房効果が失われ、非常に非効率になります。

オイルヒータまとめ

オイルヒーターメリット
オイルヒーターは健康に留意が必要な赤ちゃんや高齢者の住む環境に最適と言えるでしょう。
また、できるだけ人が出入りしない=外気の流入が最小限に抑えられる寝室などにも適しています。
安全で空気が汚れず喉が痛くならないメリットはありますが、電気代が掛かると言う事がデメリットになりますね。
電気代よりも、健康の方が大事だと言う方には最適な暖房器具と言えるでしょう。

少し話がそれますが、気になる電気代について詳しく知りたいと思いませんか?
中部電力(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)にお住まいの方限定らしいのですが、WEB登録をすると今現在の電気の使用量や電気代が解るらしいです。
おまけに、ポイントも貯まって宿泊券があたったりと至れり尽くせりらしいです。
WEB登録もいつもポストに投函される中部電力発行の「お客さまID」が必要なだけだそうです。
電気節約の参考にもなるし、ポイントも貯まるらしいので、中部地方にお住まいの方は登録しないと損ですね。
中部電力の電気使用量が解るWEB登録はこちらカテエネ
他の地域の電力会社もこういうのをやってもらいたいものです。
カテエネ

話がそれましたが。

オイルヒーターのメリットとデメリットをよく検討した上で、最適な環境で利用するようにしたいものですね。

以上が、空気が汚れない!オイルヒーターのメリットとデメリットについての内容になります。

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ