Sponsored Link

何を見るの?キャッシング審査に通るコツ

キャッシングのコツ

キャッシング審査に通るコツ

誰もが計画的過ごしたいと思っていることでしょう。
しかし、どうしても突発的にお金が必要となり、キャッシングに頼らざるを得ないこともあります。
ただ、キャッシングをするとしても、まったく利用したことのない人にとっては不安が大きいのではないでしょうか。

キャッシングの絶対条件は審査に通ること

銀行からキャッシングをするにしても消費者金融からキャッシングをするにしても「審査」を受けなければなりません。
この審査に通らなければ融資はしてもらえません。
審査には各金融機関が定めた審査基準というものがあり、これを満たせば問題なく融資を受けることができるようになります。

審査に通るコツ1:属性を高める

キャッシングポイント
はっきり言えば、これでほぼ90%は決まります。
ただ、属性と言われても何のことだか・・・こんな人もいますよね?
簡単に言うと、「属性」とは金融機関があなたを信用するための指針となる項目のことです。
具体的には以下のような項目が挙げられます。

「雇用形態」・・・信用の高い順に正社員、契約社員、パート・アルバイトとなります。
「職種」・・・信用の高い順に公務員、会社員、自営業、専業主婦・学生となります。
「居住形態」・・・信用の高い順に本人名義の持ち家、家族名義の持ち家、賃貸、公営住宅となります。
「在職期間」・・・10年以上あれば最高評価を得られます。
「公共料金」・・・滞納状況を調べます。電気・ガス・水道・電話料金などの支払い状況を見ます。

他にも、一人暮らしをしているよりも家族と同居している方が好まれるなど、属性は非常に多くの項目があります。

審査に通るコツ2:何社も申し込まない

キャッシングのコツ
審査に申し込みをするとその記録が個人の信用情報に記録されます。
そして審査に落ちると融資された記録が残りません。
つまり、「申し込み記録はあるが、融資の記録はない=審査に落ちた」ということになります。
金融機関は審査時に、この個人の信用情報を閲覧するので、何社も申し込みをすると信用が下がるわけです。
この記録は最長6ヶ月間閲覧可能となるので、申し込みは多くても2社にしましょう。
どうしてもそれ以上申し込みたい場合は、数ヶ月は空けた方が良いということになります。

以上が、何を見るの?キャッシング審査に通るコツの内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ