Sponsored Link

レンタルサーバーの種類と選び方について

レンタルサーバー

目的にあったレンタルサーバーの選び方

急速なインターネットの普及により、多くの方々が少ない資金でIT企業を立ち上げたり、アフィリエイトで成功を収めているニュースを見かけます。
何となく憧れを持ちつつ、「どうすれば良いのか分からない」「あるサイトの力を借りてブログ運営をするのが精一杯」という人が多いのではないでしょうか。
IT企業を立ち上げるかどうかは別として、「こんなサイトがあったらいいなあ」と考えている人は意外と多くいらっしゃるようです。
そこで今回はサイト立ち上げに絶対必要な「レンタルサーバー」について勉強しましょう。

そもそも、レンタルサーバーって何?

なぜ?
インターネット上にサイトを開設するためには、大量のサイト情報(データ)を保管する専用のコンピュータを準備しなければなりません。
これは『サーバー』です。
このサーバーのメンテナンスや管理維持はとても難しく、個人で購入し運営することはまず不可能です。
そこで、サーバー運営を専門にしている業者があるので、そこでサーバーの機能を借りることでサイト開設を行うのが一般的です。
このようにサーバーそのもの、または機能を借りたサーバーを『レンタルサーバー』と言います。
(参考:ホスティングサーバーwikipedia)

レンタルサーバーの利用料金

レンタルサーバーの種類や契約状態によって大きく異なります。
一般的には毎月の利用料を支払って、何人かで1つのサーバーをシェアする形を取ります。
良く利用されているものだと「毎月数百円~数千円」が利用料のようです。
もちろん、複数月契約をしたり、キャンペーンを利用したりするとひと月あたりの利用料は安くなりますし、サーバー1台をまるごとレンタルすると当然利用料は高くなります。
個人が趣味のレベルでサイトを運営することもあれば、企業として大々的にサイトを運営することもあるでしょう。
レンタルサーバーは様々なタイプが用意されているので、何でもかんでも高性能を求めるのではなく、必要に応じたものをレンタルできるようになりましょう。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーはその用途に応じて様々なタイプがあります。
ここで代表的なものをいくつか紹介しておきます。
共有サーバー
1つのサーバーを複数で共有するタイプのレンタルサーバーです。
メリットはとにかく利用料が安いということです。
月利用料が数百円のものはたいてい共有サーバーです。
個人的なサイト開設程度であればこれで十分です。

専用サーバー
1台のサーバーを借りきり、1ユーザーが好きなように利用できます。
サーバー運営に関する高い知識を必要としますが、利用できる機能が多く、大規模なサイト開設にも対応可能です。
その分利用料は高くなります。
多くはビジネスとして利用することが多いようです。

クラウドサーバー
インターネット上のサーバーです。
容量の増設などかない柔軟な対応が可能なサーバーですが、その分サーバー運営の知識がなければなりません。
レンタル料は比較的安くなっています。

個人的にサイトを開設したいなどでしたら、共有サーバーで十分で十分対応できると思います。
以上が、レンタルサーバーの種類と選び方についての内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ