Sponsored Link

「女性の転職」女性が転職を有利にするためのポイントとは?

女性転職

女性が少しでも転職を有利にするためのポイント

アベノミクス効果と言われても、なかなか正社員になれず苦しんでいる人も多いと聞きます。
最近ようやく「派遣」というシステムにメスが入ったものの、すぐに「1日社員登用」など代替システムが登場し、先行きは不安定なままです。
国際的には男女平等をアピールする手前、昔よりは女性の社会進出は増えてきていると言えます。
しかし、その実態はアルバイトやパートとしての進出であり、なかなか正社員での社会進出は依然厳しい状況です。
そんな中で女性が転職をするということはより一層厳しい世界であることは言うまでもありません。
(参考:女の転職

「女性の転職その1」なぜ女性の正社員登用は厳しいのか

簡単に言えば、女性特有の事情により定年まで働く人が少ないことが挙げられます。
女性特有の事情とは結婚出産のことを指します。
もちろん、これは女性が悪いわけではありません。
しかし、企業としてはせっかく育てた社員が「これから!」という時に退職をする、休職をするという状況は望ましいものではありません。
よって、あなた(女性)にしかできない仕事を与え、教育した場合を考えると、その女性がいなくなれば仕事が回らなくなるわけです。
そのため、女性に与えるポジションは比較的軽いものになってしまうのです。
一般的に新人正社員の給料を20万円支給とすると、税金などを引かれて手取りが17万円程度となります。
この時会社は保険なども負担してくれているので、実際は20万円以上支出し続けているのです。
実際これくらいの支出を覚悟すれば、1,000万円クラスの機械をリースすることができるんですよ。
そこまでした社員が結婚で退職してしまう、出産で退職してしまう、休職してしまい、その間会社に利益をもたらさないとなると厳しい対応をせざると得ないというわけです。

「女性の転職その2」少しでも長く働き続ける保証が大切

つまり、男性が優遇されるのは男性が退職をしにくいからです。
つまり、女性も同じような環境、またはそれに近い環境を整備することができれば就職や転職が有利に進むようになります。
しかし、先の事は誰にも分かりません。
どうやってアピールすれば良いのでしょう。

「女性の転職その3」これができれば転職成功率アップ

「有利ポイント1:親と同居」
女性が仕事に集中できるように周りにサポートしてくれる人がいることを利用しましょう。
もし女性が独身であっても、一人暮らしとなると炊事洗濯掃除などもすべて自分でしながら仕事をするとなると負担が大きくなります。
そこで親との同居をアピールできれば、負担が少ないことをアピールできるので仕事に集中できる可能性が高いと判断できます。
また、女性が既婚者でも同様です。
将来的に出産をしたとしても親の同居があれば子供の面倒をサポートしてもらえ、退職したり長期休職をしたりする可能性が低くなると考えられます。
「有利ポイント2:同系列の職歴」
始めに述べたように、新人教育は時間もお金もかかります。
これが女性相手となると長く続く可能性が男性よりも低いため敬遠されてしまうのです。
そこで、同系列の転職であれば「即戦力」をアピールできるので比較的有利に進めることが出来るでしょう。
「有利ポイント3:資格・免許の取得」
ポイント2にも関わってきますが、転職希望先の仕事で使える資格や免許をもっているととても便利です。
転職先を探している今、生活リズムがどうなっているのか分かりませんが、できることなら講習会や試験勉強を行って少しでも多くの資格や免許を取得できるように取り組んでみましょう。
そうすることで、資格や免許が使えるというだけでなく、その仕事に対する熱意、真剣さ、勤勉さなどもアピールすることができます。

以上が、女性が転職を有利にするためのポイントとはの内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ