Sponsored Link

公務員から転職する人?公務員に転職する人?

公務員

公務員から転職?公務員に転職?

バブル期には一般企業の給料がどんどん上がり、公務員は軽く見られていましたが、最近は不景気によって安定した公務員にスポットが当たり始めています。
そんな公務員に転職するために、また公務員から転職するために知っておくと良いことをご紹介します。

公務員に転職しよう

公務員転職
公務員と言っても様々な種類があります。
例えば、自衛官や警察官などは体力的にも厳しい職業ということもありかなりの人数を募集しており、比較的実現しやすい職業ですが、県庁や市役所などの役場職員となるとあまり人数を募集していません。
場合によっては「今年度の採用はありません」となる役場も珍しくありません。
また、気をつけることは『年齢制限』です。
職種によって違いがありますが、採用試験を受けるための年齢制限があるのでしっかりと確認しておきましょう。
採用試験回数は基本的に年1回ですが、これに場合によるのでこまめにHPの募集要項などを確認するようにしましょう。
最後に、採用試験は法律が絡むので、絶対に試験勉強をしなければなりません。
書店などで専門書、試験対策テキストなどを売っているので活用し、お金に余裕がある人は公務員試験専門学校などに通うのも良いでしょう。

公務員から転職しよう

公務員から転職
公務員から転職する場合も他の企業から転職するのと同じで、上司に退職願を提出し受理してもらいます。
転職先が決まっていればすぐに次の活動ができますが、もしそこから転職活動をするとしたら「失業手当」の支給を忘れないようにしましょう。
ここで覚えておくと良いことは、公務員はこの手当が支給される先が一般企業とは異なるということです。
通常だとハローワークなどで活動すれば事足りますが、公務員の場合はハローワークで活動している記録をもって各所に申請することで支給されます。
一般的には支給が始まるまでに2~3ヶ月はかかるようです。
その間は退職金や預貯金、バイト代などでつないでいくしかないので気をつけましょう。
以上が、公務員から転職する人?公務員に転職する人?の内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ