Sponsored Link

あなたの会社はどのタイプ?歓迎会の服装

歓迎会の服装

歓迎会の服装って何を着ていけばいいの?

面接や歓迎会など服装に困るシーンが、目に見える問題となってきました。
一発目から失敗したくない、そんな思いが浮き彫りとなる瞬間でもあります。
なんでこのような問題が起こるのかというと、会社の種類が様々になってきたことが大きな原因の一つでしょう。
かつては、基本的に「会社」に関する行事は、旅行を除いてほぼスーツや制服に決まっていました。
しかし、会社の形態も伝統のある会社、比較的堅いとされる会社、ITなどの軽いノリの会社、個人経営の会社などに分化が顕著となりました。

その雰囲気にあった服装で歓迎会に参加するのが好ましいと言えます。
そんな、歓迎会の服装を会社のタイプ別にしてみます。

伝統や格式を重んじる会社の場合

まず、伝統を重んじていたり、格式を重要視する会社の歓迎会は、楽しむことよりも、顔合わせをして共に頑張ろうという決起会のようなニュアンスが含まれる場合が多いのです。
そんな場合は、スーツで参加しましょう。
無論、その他ビールの注ぎ方、上座下座のビジネスマナーにも気を付けましょう。

ITやイベントファッション系の会社の場合

ITやイベント系、またはファッション関係の企業の歓迎会ならば、私服やフォーマルな私服が相応しい場合もあります。
こんな時が最も困ってしまうのですが、上司や先輩に詳細を聞いて最適な物を事前に把握することが大切です。
一人だけ浮いている状態ですと、今後の仕事にも影響が出てしまうかもしれません。

個人経営などの会社の場合

個人経営や、とある人物が采配をとっているような会社は、上の方が決めるので、それに倣うのが良いでしょう。
この場合は、大抵スーツになります。
基本的に「自由なワークスタイル」を謳っている会社以外では、スーツでの歓迎会参加が一般的だと言えるでしょう。
会社帰りにそのまま会場へ、という場合は悩まずにスーツで済みますよね。
さて、別日に特定の場所で「ある程度無難な格好で来てね」などと言われた場合、男性ならばスーツが無難です。
では、女性の場合はどうしたらよいでしょうか?
スーツ、またはワンピースやブラウスと長いスカートなどで行くと無難です。
どうしても判然としない場合は、真面目そうな先輩に聞いてしまう、これに尽きます。
以上が、あなたの会社はどのタイプ?歓迎会の服装の内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ