Sponsored Link

メールは非常識?メールでの会社に欠勤連絡をする時の文章について

メール欠勤報告

メールで欠勤連絡は非常識?

明日は、大事な仕事があるのに…
体調不良はそんな大事な時にも関わらず襲ってきます。

最初にお伝えしておきますが、突然の欠勤をする場合にはやはり「電話連絡」をする事がマナーだと言えます。
電話で欠勤を伝える際も、同僚などでは無く、直属の上司に欠勤の旨を伝えましょう。

ただし、どうしても電話をかける余裕が無い場合、または電話だと都合が悪い場合においては、メールをするしかありません。
連絡を全くしないのは最もマナー違反の、無断欠勤になってしまいます。

そんな事にならない様に、メールでの欠勤報告についての文章を考えてみました。
※会社によってはメールでの欠勤を認めない場合もあるかと思いますので、その場合は会社の規則従っての欠勤連絡方法を選択してください。

メールでの欠勤連絡文章例

件名

・明日(本日)のお休みについて
・○月○日のお休みについて
・休暇願い

本文内容(パターン1)

○○係長(課長・部長など)

お疲れ様です。 ○○です。

昨日より体調が悪く、今朝も38度の熱があります。
お忙しい所大変申し訳ありませんが、本日は欠勤をさせて頂けないでしょうか?

業務につきましては、○○さんにお願しています。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

○○ ○○(自分の名前)

本文内容(パターン2)

○○係長(課長・部長など)

○○課の○○(名前)です。おはようございます。

突然の事で大変恐縮ですが、昨夜より発熱と咳が今朝になっても治りません。
大変申し訳ありませんが、本日はお休みさせて下さい。
本日お休みを頂き、医療機関にて診察をしたいと考えております。

お忙しい所ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

○○○○(名前)

以上2パターンのメール文章を考えてみました参考程度で見て下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ