Sponsored Link

2015年のお月見はいつ?お月見の歴史と今年のお月見の日について

お月見

お月見の歴史と2015年のお月見の日

お月見について

お月見とは、旧暦の指し示す8月15日にお月さまを鑑賞する行事であり、この日のお月さまを「仲秋の名月」「十五夜」「芋名月」と呼んだりするようです。
また、お月見の日には、お団子やお餅、ススキ、里芋などをお供えしてお月さまを眺めることが風習としてなされています。
地域により、お月見の日に綱引きや相撲をしたり、収穫したモノをお祝いする行事を行う所もあるようです。

また、日本においては、旧暦の8月15日だけでなく、旧暦の9月13日にもお月見をする習慣があります。
こちらの習慣は、「後の月」や「十三夜」や「栗名月」などと呼ばれており、この日には月見団子や栗や枝豆をお供えするようです。
この旧暦の9月13日のお月見の行事は、日本独自の風習であり、他の国では見られない風習のようです。

お月見の歴史について

お月見は先にも述べたように旧暦の8月15日現在の9月に相当する日に行われる行事となります。
子の頃は夜の気温も涼しくなり、過ごしやすく、美しい月を楽しめる時期であるため、昔から多くの人たちが夜空に浮かんだきれいな月を眺めるのを楽しんでいたと伝えられているようです。
しかし、詳しいお月見の始まりは分かっていないようです!
元々は中国の宮廷の行事であったとも言われているようです。その行事が奈良時代に日本へ伝わり、現在のお月見という行事に受け継がれていると言われる話もあるようです。
余談ですが…。お月見の行事は、ヨーロッパにもあるようですよ。

2015年のお月見はいつ?

2015年のお月見の日は、9月27日の日曜日になっています。
天気が良くて、ぽっかりと丸いお月さまが眺められるといいですよね。

最後になりますが…。
お月見について色々とお話をしました。
お月見の時期になると、満点の夜空の中に浮かぶきれいなお月さまを眺めることができます。
秋の深まりを感じることができると共に秋の味覚を味わいながら、収穫した味覚を感謝し、来年の豊作を祈ってみるのも良いと思いました。
以上、2015年のお月見はいつ?お月見の歴史と今年のお月見の日についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ