Sponsored Link

暖房が効かない時に試す3つの事

暖房

暖房が効かないときはどうすれば?

これからの季節暖房の使用頻度はどんどん高くなってくることでしょう。
ですが、いざ暖房をつけてみると「あれ?ちゃんと温風は出てるのに部屋が暖まらない…。」なんていう状況になるかもしれません。

今回はそんな暖房が効かないときの対処法をお教えしましょう。

暖房が効かない理由は?

ちゃんと温風が出ているのに、部屋が暖まらない。
こうった場合どういった理由があるのでしょうか?
暖房効かない
・効率が悪い
・熱が逃げやすい

暖房が正常に作動しているのであれば、おもな理由は上のふたつでしょう。

暖房にはそれぞれ使用する部屋の広さの目安があります。
実際にこの部屋の目安とは違った広さの部屋で暖房を使うと部屋がなかなか暖まらないことがあります。
また、暖かい空気は部屋の上部に溜まります。
そのため上手に空気の循環をさせないと、部屋全体が暖まるまで時間がかかってしまいます。

熱が逃げてしまう原因はいくつかあります。
断熱材が入っていない。カーテンがしまっていない。部屋のどこかに隙間がある。ドアが開きっぱなし。
ほんの少しの隙間でも暖かい空気は逃げていってしまいます。

暖房が効かないときの対策は?

それでは早速対策をご紹介しましょう。

・サーキュレーターを使う
サーキュレーターとは扇風機のようなものなのですが、扇風機よりも空気を循環させることに優れています。
このサーキュレーターを天井に向けることで、天井に溜まった暖かい空気が下の冷たい空気と混ざり部屋全体が暖かくなります。

・窓際にボードや断熱シートを使用する
窓際にほんの少しだけ隙間があることがあります。
そういった場合は市販されているボードを冬の間だけ窓際に設置するといいでしょう。
また、窓に貼る断熱シートも売っているのでこれも効果抜群です。

・戸締りをしっかりする
これは当たり前のことですが、暖房を使っている部屋の戸を開けっぱなしにしておけば暖かい空気は逃げていきます。
これを防ぐためにも、戸締りはしっかりしましょう。

「すぐに戻ってくるから開けっ放しでいいやー。」
こんなことをしているとあっという間に暖かい空気は逃げていきますよ。

いくつか暖房が効かないときの対策をご紹介しました。
中でも効果をより実感できたのは、個人的にはサーキュレーターの使用ですね。
ぜひみなさんも試してみてください。
以上、暖房が効かない時に試す3つの事でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ