Sponsored Link

毎日閉店セールしている店が閉店しない理由とは?

閉店

閉店セールしていたけど、いつ閉店するのだろう。



閉店セールと書かれた張り紙やのぼり(旗)でアピールしている店がありますが、、
数日後にまた同じ店舗をみると全く閉店していない。

そんな店を見かけた事はないでしょうか?

普通に考えたら、閉店してしまうのだから、残った在庫を安く販売してくれるのでは?
と思ってしまいますよね。

紳士服店やメガネ関係の店に多く見られるのですが、
この集客法を閉店商法と言うらしいです。
(参考:閉店商法 wikipedia)
閉店します!といって集客をしておいて、数日たっても閉店していない!
これは問題じゃないの?と思う方も多いとは思います。

しかし、実際には言葉の綾とでもいいましょうか。
なんとも素晴らしい言い訳があるのです。


閉店セールと書いてあるのは、
店が完全に閉店するという事ではなく今日は閉店するよ!という事を言っているらしいです。


本当、日本語は難しいですね。

紛らわしいから、「今日は閉店セール」とでも書いてもらいたいものです。

普通の店舗はコンビニでも無い限り24時間営業なんてしていないので、開店時間と閉店時間は必ずありますよね…
そう考えてみると、閉店セールをしていた店で数日後、開店セールをしている、しかし殆ど何も変わっていないのは、あれは!閉店商法ではなく開店商法ですね!

そのほかには、店の一部の模様替えをしたから開店だよ!とか、店の店長が変わったから閉店だよ!とか色々理由付けはあるらしいです。
噂では、本当に店を畳む時は、閉店セールではなく完全閉店セールと言う内容でセールを行う店もあるらしいです。

閉店セールより、完全閉店セール・在庫一掃処分などの方が安く買い物が出来そうですね。

以上が、(45)閉店セールしている店が閉店しない理由とは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ