Sponsored Link

ゴム手袋が臭い。。。臭いの対処法とは?

ゴム手袋

ゴム手袋が臭くなってしまう前にやっておく事

何かと便利な「ゴム手袋」ですが、何度か使ううちに最近

「ゴム手袋を使うと手がめちゃくちゃ臭くなる」

と感じたことはありませんか?

今回は、そんなゴム手袋(内側)の臭いの対策方法についての豆知識になります。

ゴム手袋の臭いの原因は雑菌臭

ゴム手袋(内側)が臭くなる理由は雑菌が繁殖するときに生成される雑菌臭が原因です。
ですから、雑菌を繁殖させなく(しづらく)すればゴム手袋の臭いも抑えられます。
雑菌は増えれば増えるほど臭いがきつくなってしまうので、臭いがきつくなる前に対処しておくことが大事です。

ゴム手袋の臭い対処法

ゴム手袋対処法

ゴム手袋を洗ってよく乾燥させる。

臭いがついてしまったゴム手袋は裏返しにして、手を入れるほうを良く洗います。
手袋を洗う時は、除菌ができるタイプの食器用洗剤を使って洗うと良いでしょう。
洗う時は手で洗うのも良いですが、手で洗ったあと洗濯機でもう一度洗えば効果はアップします。

その後、手袋の裏面(洗剤で洗った側)を良く乾燥させます。
このとき、しっかり乾燥させないと生乾き臭が発生してしまうので「しっかり乾燥させる」ことが大事です。
また、このときのポイントが、直射日光に充てずに風通しの良い日陰で干すのが良いです。
直射日光を充てすぎるとゴムの部分が劣化してしまうことがあります。

その後、裏返しに戻しますが指先部分が戻りづらいので、風船を膨らますように空気を入れてプシューを膨らませると指の部分が出てきます。

洗う暇なんてないよ!という方は。

できれば、洗って臭いを落とすのがよいのですが、洗う時間なんてないよーという方は、ミョウバンスプレーをゴム手袋に吹きかけるのも良いでしょう。
ミョウバンには消臭効果がありますので臭いを抑えるには効果的です。
その他、除菌タイプの消臭剤(ファブリーズなど)を吹きかけるのでも良いと思います。
ですが、やっぱり洗うのに負けますが。。。

また、ゴム手袋も抗菌仕様の物も販売されています、抗菌仕様だからと言って臭いが全くでないという訳ではありませんが、普通の手袋よりも臭いを抑えてくれます。

靴の乾燥機を使うと効果倍増!

しっかり、洗った後に靴用の乾燥機で乾燥させると、しっかり乾燥するので臭いが本当に良く落ちます。
靴の乾燥機のイメージです。

ツインバード くつ乾燥機 SD4546R
価格:2250円(税込、送料別)

価格も安い物なら2000円台位からありますので、靴の乾燥&ゴム手袋用に良いと思います。

ゴム手袋の臭い対策には良く洗って乾燥させるのが一番でしょう。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ