Sponsored Link

重曹がポイント?換気扇の上手な掃除の仕方とは?

換気扇掃除

換気扇の上手な掃除の仕方は?

年末になると大掃除がやってきます。
大掃除のときに手を焼いてしまうのが換気扇の掃除だと思います。

もちろん換気扇の掃除を年末以外にもする人もいるかもしれませんが…。

どちらにしろ油でぎとぎとになった換気扇の掃除ってかなり大変ですよね。
今回はそんな換気扇の上手な掃除の仕方をご紹介しましょう。

洗剤を使って汚れを落とす

最も簡単な方法がこの洗剤を使って掃除をする方法ですね。

洗剤はマジックリンやクレンザーなどがあります。
基本的に換気扇についた油汚れは水ではおちません。
そのためお湯を用意して洗剤を使って汚れを落としていきましょう。

この方法のメリットは、掃除が楽だということです。
しかし、この方法ではなかなか頑固な汚れを落とすことはむずかしいかもしれませんね。
毎週、毎月、定期的に掃除していてそこまで汚れがひどくないという人はこの方法はおすすめです。

重曹で汚れを落とす

年に数回しか換気扇の掃除をしないというあなた。
換気扇の汚れはかなりひどいことになっていることでしょう。
そんなときは、重曹を使ってみてください。
換気扇が入る大きさのたらい、もしない場合は大きなゴミ袋でもいいです。

そこにぬるま湯とカップ一杯ぶんくらいの重曹を入れて、換気扇をつけおきしておきます。
時間は1時間~2時間ほどでいいです。

こうすることで重曹が油汚れを浮き上がらせてくれるので、あとはスポンジなどを使って汚れを落とすだけです。

もしあまりにも油汚れがひどい場合は、重曹ペーストを使ってもいいでしょう。
重曹ペーストの作り方は簡単です。
重曹に少量の水を加えてペースト状にするだけです。
このペーストを頑固な油汚れに塗って、ペーストが乾燥するまで放置します。
乾燥したら換気扇をお湯に浸して重曹ペーストと一緒に油汚れを落とすだけです。

換気扇の掃除はできれば定期的にしたいものです。
しかし、なかなか時間がとれず気づいたら油汚れがべっとり…。
そんなときは今回紹介した重曹を使ってみてください。
以上、重曹がポイント?換気扇の上手な掃除の仕方とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ