Sponsored Link

ダイエットと運動が相性バツグンな理由

ダイエットと運動

ダイエットと運動の関係について

ダイエットは永遠のテーマだと言われていますが、ただ食事を摂らないようにして体重を落とすことはリバウンドする確率が上がってしまい余り効率的ではありません。
同時に良いダイエット例として挙げられることが運動を同時に行うことです。

運動が健康に良いことや、汗をかくのでダイエット効果があることは理解できるでしょうが、
他にも健康に良いことや、汗をかく方法はあるはずなのに、なぜ運動ばかりが推奨されているのでしょうか。

今回は、ダイエットと運動についての雑学になります。
その他のダイエットジャンルの記事はこちらからどうぞ。
ダイエットに最高の季節は、なんと『冬』だった!
大人のダイエット!コーヒーダイエットとは?
断食ダイエットの極意は、『細胞修復』だった!
効果的なダイエットに欠かせない3つのポイント!

運動の真価は基礎代謝アップ

運動をすると筋肉が付きます。
筋肉は活動するために大きな熱量を必要とし、その熱源を近くの脂肪を燃焼させることで得ています。
つまり、筋肉が増えることは脂肪が燃焼しやすい体に変化したと言えます。
実際、ボディビルダーも筋トレばかりをするのではなく、一旦太って脂肪を蓄え、そこから筋肉に変化させるトレーニング方法を選択しています。
また、同時に基礎代謝もアップします。
基礎代謝とは、特別な運動をしていなくても行われる当たり前の生命維持活動による熱量の消費のことです。
これがアップすると、普通に毎日を過ごすだけで・・・階段を上るだけで、買い物に行くだけで、家事をするだけで脂肪が燃焼されやすくなります。

有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動
ダイエットに効果的だと言われる有酸素運動って何でしょう。
分かりやすく言うと、「長時間、スローペースで行う運動」のことを言います。
つまり、ウォーキングは有酸素運動に当たりますが、100Mダッシュは無酸素運動になります。
ヨガやエアロビクスは有酸素運動になりますが、筋トレは無酸素運動になります。

ダイエットに効果的なのはどちらか・・・答えは「どちらも効果的」ということになります。
それぞれの運動がダイエットにどう関わるのでしょうか。
有酸素運動は脂肪燃焼
無酸素運動は基礎代謝アップを目的とした運動ということになります。
瞬間的に体重を落としたいというのであれば、有酸素運動だけで良いでしょうが、
これに加え『太りにくい体』や『痩せやすい健康的な体』を求めているのであれば、無酸素運動も取り入れた方が良いでしょう。
(参考:有酸素運動/無酸素運動wikipedia)

どのくらい運動すればいいの?



運動

体重を落とす有酸素運動に限って言えば、最低15分は運動しなければなりません
そもそも有酸素運動とは「長時間、スローペースで行う運動」のことを指します。
有酸素運動をすると脂肪を燃焼することは科学的にも証明されていますが、始めの15分間は食事で摂取した脂肪の燃焼が優先されます。
15分間その脂肪を燃焼させると、次に体に蓄えられた脂肪の燃焼を促すようになります。
これができて初めて「痩せる」ということにつながるのです。

以上が、ダイエットと運動が相性バツグンな理由の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ