Sponsored Link

太る原因って一体何?太りやすい食べ物について

太る原因

太る原因は食べ物と量が関係している

太る原因は様々ですが、最も大きな原因を占めるのが「食べ物」です。
ただ、食べても太りにくい食べ物と、そうでない食べ物があります。

太る原因は「量とカロリー」

チェック
まずは「量」です。
当たり前ですが、たくさん食べると太ります。
特に炭水化物は調理法によって食べやすさが大きく変化します。
お茶碗に白米よりも、おむすびにすると多く食べることができます。
他にもパンや麺類などにも多く含まれています。
炭水化物はどうしても量が増えやすいので注意が必要です。
次に「カロリー」です。
同じ量でもカロリーに違いがあります。
少量で高カロリーなものは油脂です。
和食としても有名な天ぷらなどでも大量の油が使われています。
例えば油をしっかり切ったり、体に吸収されにくい油を使ったりすることで防ぐことができます。

規則正しい食生活

規則正しい食生活
規則正しい食生活が望ましいと言われます。
それは単なる躾の問題ではありません。
人間の体はリズムを覚えるようにできています。
規則正しい食生活を送れば、空腹感と同時に胃などの消化器官が消化液の分泌などを行い、消化の準備を始めます。
これがあることで食べ物を消化しやすく、栄養も吸収しやすくなっています。
そうなることで満腹感を味わえるようになり、必要以上の食事をしなくてすむようになります。

意外と太りやすい食べ物

太りやすい食べ物
一般的には健康的で、太るイメージのない食べ物があります。
『ダイエット食品』
ダイエット食品の良さは「少量で適度なカロリー摂取が可能」となっていることです。
ただし、量が極端に少なので、どうしても間食を摂ってしまったり、ダイエット食品の量が規定よりも増えてしまったりしてしまいます。
少しでも効果的に栄養を摂取できるように、と糖分が多めに含まれていることがあるので、食べ過ぎは禁物です。
『スポーツドリンク』
いわゆるジュースとは異なり、体に近い成分だからと好まれます。
しかし、スポーツドリンクには味が付いているように、塩分などが含まれています。
当然、糖分なども含まれているので、飲み過ぎは太る原因となります。
どうしても多く飲みたい場合は、カロリーフリーのスポーツドリンクを飲むようにしましょう。
『サラダ』
サラダは低カロリーで健康的なメニューです。
ただし、それはそのまま「生野菜サラダ」として食べたときの話で、ドレッシングなどをかけるとカロリーは何倍にも膨れあがります。
例えば、青じそドレッシングとごまドレッシングではカロリーが2倍も違うというデータもあります。
そうは言っても、何かをかけないと食べにくいという人もいるでしょう。
ドレッシングのカロリーにも気を配るようにしましょう。
野菜を多く食べるのは良いことですが、ドレッシングを多く摂ることは好ましくありません。
以上が、太る原因って一体何?太りやすい食べ物についての内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ