Sponsored Link

銀杏が臭い理由

銀杏

銀杏の臭いの原因は一体?

あなたにとって秋になったなーと感じる出来事は何ですか?
秋を感じさせる出来事は沢山あるとは思いますが、

今回は、秋の食べ物の一つの銀杏の雑学になります。

銀杏と言えば、イチョウの木になる実だと言う事は皆さんもご存じだと思います。
イチョウの木は一般の木とは少し異なり、雄株と雌株があるんです。

知っていましたか?

雄株と雌株があると言う事は、もちろん雌株にしか実(銀杏)はなりません。
ですから、イチョウの木だなと思っていても雄株だった場合は実は出来ないので銀杏は取れない事になります。
イチョウの木は、虫も好きづらく枯れずらいタフな木で、手入れも楽なので街路樹によく使われる事があります。

イチョウ並木

上記の様な、綺麗なイチョウ並木は秋を感じさせてくれるのはいいのですが…
イチョウの木には嫌な事もありますよね。
皆さんご存知のイチョウの実が熟した時の臭いです。
イチョウの木は手間が掛からないし風情もあるので街路樹には最適なのですが、あの臭いはマイナスなので街路樹に使われるイチョウの木は全て雄株で統一している場所もあるくらいです。
雄株なら、綺麗なイチョウ並木も観れますし、あの銀杏の実はならないからです。
銀杏嫌いな方にとっては嬉しい内容でしょう。
また、イチョウの木は脂分が多い事から水はけが良いと言われていて、
イチョウの木から作る、まな板は腐りにくく抗菌作用があると言われています。
値段は決して安くないですが。
興味がある方はこちらをどうぞ、
楽天でイチョウのまな板の値段を見てみる一枚板 銀杏 まな板
臭い
銀杏のあの異臭は、酪酸とぺプタン酸という物質の臭いで、
あの銀杏の熟した強烈な臭いは、サルやネズミですら食べようとしないと言われています。
バターやチーズに酪酸が含有されていたことから、酪酸という名前がついたと言われ、
この酪酸とペプタン酸は、人間の足の悪臭の原因とだと言われています。
(参考:酪酸 Wikipedidia)
銀杏の臭いは、人間の足の臭いと同じ臭いがするんです。

人の悪口で、

お前、なんか銀杏の腐った臭いがする」

なんて言っていたのを聞いた事がある方もいると思いますが、強ち的外れではないと言う事でしょう。

あの臭いさえなければ、銀杏(イチョウの実)は美味しい食べ物ですよね。
銀杏の美味しい食べ方の記事はこちらからどうぞ!
銀杏の美味しい食べ方
茶碗蒸しや焼き銀杏などは酒の肴にも最高です。
美味しくて、つい食べ過ぎてしまいそうですよね。

銀杏の食べ過ぎに注意!

美味しくてついつい食べ過ぎてします銀杏ですが、実は銀杏には食べ過ぎると体に良くないと言われているんです。
銀杏には、ギンコトキシンという、イチョウから生成される神経毒があり食べ過ぎると、
意識不明になったり痙攣が起きたり場合によっては死んでしまう事もあると言われています。
特に小さい子供が銀杏を沢山食べ過ぎると危険だと言われているので注意が必要です。
子供の場合だと一日5、6個食べただけでも中毒症状が出たこともあるらしく、
また、銀杏の食べ過ぎによる中毒の報告は70%程度子供だと言われています。
(参考:銀杏 Wikipedia)

銀杏は美味しくても食べ過ぎない事が大事です。

以上が、銀杏が臭い理由についての内容になります。

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ