Sponsored Link

栗の栄養について

クリ

秋の味覚「栗の栄養」

秋といえば実りの秋、キノコ狩りやぶどう狩りなど、自然の恵みを味わえるイベントも満載です。
秋は色々な食べ物が美味しい時期ですが、
今回は秋の味覚の代表格「栗の栄養」の雑学になります。
同じ、秋の味覚としてサンマはこちらの記事で「秋刀魚(サンマ)の栄養

実はあの栗、果物に分類されるって知っていましたか?

ナッツ類に見せかけて、実は栗はフルーツの仲間なのです。
guri 1
(参考:クリwikipedia)

そしてその栗には果物の中でもトップクラスの栄養素を含んでいます。

栄養が高い食べ物はどうしてもカロリーも高いのですが、
栗は実は果物の中でもトップクラスのカロリーを誇っているのです。

しかし「カロリーが多いなら栗を食べたら太っちゃうんじゃ?」そう思う方も多いと思います。
もちろん、沢山食べ過ぎてしまえば太る原因になります。
ただ、昔の日本人あまり食べるものがなかったので冬はカロリーの少ない食事が多い中、秋に日持ちがしてカロリーのある栗の存在はとても大切なものだったと言われています。

そんな栗ですが、一体どんな栄養素が含まれているのでしょうか?

栗に含まれる栄養は全体的にバランス良く含まれているのですが、

中でも、カリウム・ビタミンC・ビタミンB1などが多く含まれています。

そして、栗の渋皮にはタンニンが含まれており、強い抗酸化作用があると言われています。
渋皮がない剥き栗は食べる機会があるかと思いますが。
薄く栗の渋皮が付いた、渋皮煮という栗の食べ方もあります。
楽天で、栗の渋皮煮を見てみる
栗の栄養を隈なく取りたい方は渋皮煮を食べてみてはいかがでしょうか?

また、栗のビタミンCはでんぷんによってコーティングされて守られているので、熱によって壊れにくくよりたくさんのビタミンCを摂取するためには適している果物なのです。
あまりたくさんの栗を食べるのはいけませんが、たまに取るには栗はとても体に良い食材だと言えると思います。

そして栗には食物繊維も豊富に含まれているので、便秘の改善にも一役買ってくれます。
便秘は美しい肌の敵であるだけでなく、気分や体調がすぐれなくなったり、大腸がんを引き起こす原因にもなる恐ろしい状態ですので、食物繊維はできるだけ摂取するようにしたいですね。
このことからも栗は適量を摂取するなら、とても素敵な栄養源になる果物です。
カロリーという言葉に惑わされず、秋には栗を拾いに行って、山の恵みを頂いてみてはいかがでしょうか。

以上が、栗の栄養素の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ