Sponsored Link

柿の渋味を抜く7つの方法

柿

渋い柿の渋味をなくす方法

食欲の秋、定番の食べ物の一つに「柿」があります。
今回は、そんな柿の雑学になります。

柿は、細かく分類すると1000種以上あると言われていますが、
大きく分けると、渋柿と甘柿に分類することができます。
柿は、果物の中の栄養素もトップクラスの優れもので、
豊富なビタミンC・カロテン・カリウム・食物繊維・タンニンが含まれています。
柿の栄養素を総合的に考えると、美肌効果・風邪予防・高血圧予防・二日酔い解消などに効果があると言われています。
柿は、柿は以外にもヘタの部分が重要で、ヘタの部分で呼吸していると言われています。
ですから、濡れたティッシュをヘタ部分に充てておくと熟すのを遅らせることができます

柿の栄養素の次は、本題の柿の渋味を抜く方法になります。
(参考:wikipedia)

柿の渋味を抜く7つの方法

  1. アルコールの中にそのまま入れてしまう(柿樽)
  2. 35度のアルコール(焼酎)をヘタ部分に振りかけ密封して保存する4~5日(家庭でも出来る実用的なやり方)
  3. 日当たりや風通しの良い場所で乾燥させる。(雨で放置するとカビが生えます)
  4. タッパ等にポットのお湯をいれその中に柿を入れる
  5. ポリ袋に入れた米ぬかの中に柿を入れる。(あまり効果はないみたいです…)
  6. ビニール袋に小さな穴をあけて、リンゴと一緒に柿を入れておく(1週間程度、エチレンガスの効果で渋味を消す)
  7. 密封容器の中に柿とドライアイスを入れる(容器の中で、柿とドライアイスがくっつかないように注意する)

以上が、柿の渋味を取る方法になります。

一般的な、家庭で柿の渋味を取る場合には、焼酎を柿のヘタにつけてから保存する方法が一番効率が良いのではないでしょうか?
リンゴと一緒に保存する方法も悪くはないですが、沢山の柿の渋味を抜くには、それ相応のリンゴが必要になりますよね。
約、柿5個に対してリンゴ1個の割合です。
そう考えるとリンゴも、それなりの値段がしますから、焼酎リンゴの方が実用的なのではないでしょうか?
また、お湯の中に漬ける方法もありますが、柿がフニャフニャになりますので好き嫌いが分かれる所です。
柿のヘタ
やはり家庭で手軽に柿の渋味を消すならばヘタに焼酎をおすすめします。

以上が、渋い柿の渋味をなくす方法の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ