Sponsored Link

牡蠣にあたる原因と症状・対処法~加熱よりも産地選び?

牡蠣

牡蠣にあたる原因ノロウイルスとその症状

冬の旬の食べ物の中に、牡蠣(真牡蠣)があります。
冬の牡蠣は甘みがあり牡蠣好きにはたまらないのではないでしょうか?

牡蠣の美味しさも良いですが、牡蠣を食べて食あたりになると酷い事になると言われたもしくは酷い食あたりになった事はありませんか?

そう、牡蠣には食中毒を起こしやすいウイルスが潜んでいる事があるのです。

今回は、牡蠣にあたる理由とあたった時の症状などについてです。

牡蠣にあたる(食中毒)になる原因はノロウイルスから!

ノロウイルス
牡蠣を食べて食あたりが発生した場合に疑われるのが、ノロウイルスです。
皆さんも一度は聞いたことがありますよね。
牡蠣が原因での食中毒は、ノロウイルス以外に腸炎ビブリオ貝毒などが原因で食中毒が現れる事があります。
ただし、こちらの腸内ビブリオや貝毒は春から夏にかけて多く、牡蠣の旬の季節である冬場に牡蠣を食べて食中毒症状が発生した場合はノロウイルスが最も疑われます。

牡蠣に限らず、二枚貝(ホタテ・アサリ・シジミ)などもノロウイルスを持っている事があるのですが、牡蠣の場合は、「生で食べる」「加熱不十分のまま食べる」事があるため牡蠣にあたる確率が高くなります。

牡蠣にノロウイルスがいる理由は生活排水!?

牡蠣ノロウイルス生活排水
牡蠣は、栄養を摂取するために海水を取り込みプランクトンを餌として食べます。
その海水の中にノロウイルスが含まれており、次第に牡蠣の体に溜まってしまうのです。
牡蠣自体がノロウイルスを増やしている訳ではなく、ノロウイルスに感染した人間が糞便をし、下水や生活排水からウイルスが川から海に流れ、その海に流れ着いたノロウイスを牡蠣は海水と一緒に飲みこんでしまい牡蠣の体に溜まってしまうからです。
これは、牡蠣に限らず二枚貝(ホタテやあさり)なども同じことが言えます。

牡蠣を食べたら食あたりに!その症状とは?

ノロウイルス症状
厚生労働症のノロウイルスに関するQ&Aでは、ノロウイルスの潜伏期間は、24時間から48時間と記載されています。
牡蠣を食べた直後に食あたりが発生するわけではなく、牡蠣を食べてから1、2日経過してから以下の症状が出るといわれています。

・突発的な激しい吐き気や嘔吐
・下痢や腹痛
・軽度の発熱(38度前後)
・悪寒
・嘔吐の数時間前から胃もたれを感じる
・感染して発症しない場合は軽度の風邪のような症状が出る事もある。

ノロウイルスに感染するとこれらの症状が1~2日続き、その後自然に回復していきます。
通常後遺症なども残りません。

ただし、老人や乳幼児だったり免疫力が低下している状態だと症状が長引く事もあるので要注意です。

また、今現在ではノロウイルスの効果のある抗ウイルス剤はないので、対処療法しかありません。
この場合の対症療法と言っても、吐いてばかりだと脱水症状になるので水分補給をしたり、栄養補給をしっかりしましょうという事です。

簡単に言うと、水分補給・栄養補給をしっかりして自然治癒させましょうという事です。

ですが、下痢が酷いからといって、下痢止めを飲んでしまうとウイルスが体外に排出するのが遅れるため症状が長引いてしまう事があるので注意して下さい。

牡蠣を食べる時は加熱をしっかり!

牡蠣加熱しっかり
ノロウイルスは、85℃以上の熱で90秒以上加熱する事により失活化(ウイルスの活性を失わせる)させる事ができると言われています。

ですから、牡蠣を食べる際にはしっかり加熱してから食べる事を徹底しましょう。

また、加熱用の牡蠣を生で食べるなどの無謀な事は絶対にやめましょう。

どうしても牡蠣を生で食べたい場合は、必ず生食用の牡蠣を食べる事をおすすめします。

生食用牡蠣の生産地(取れる場所)は決められている!

宮城県松島
生食用の牡蠣を加熱用の牡蠣の違いは、鮮度ではなく指定された生産地(海域)で獲れたかの違いです。
新鮮=生食と思っている方も多いのですが、実際には生産地の違いが重要なのです。
簡単に言ってしまえば、海が綺麗なところで取れた牡蠣は生食OK 海が汚い所の牡蠣は加熱用でないとダメという感じです。

牡蠣の国内生産地ランキングは、1位が広島県、2位が宮城県、3位が岡山県です。
牡蠣の生産量が一番多いのは広島ですが、生かきの生産量で一番多いのは宮城県になります。
特に宮城県の松島産の生牡蠣は有名です。

東京都福祉保健局の生かきの衛生的な取扱いには、生食用の牡蠣限っては、消費期限や保存方法以外にも採取海域の表示も義務付けられていて、万が一食中毒が発生した場合には、どの海域から食中毒が発生したかを直ぐに調査できるようにしているとの事です。

生の牡蠣をどうしても食べたいと言う方はどこで採れた(産地の)牡蠣か?をしっかりと調べる事も大事だと言えます。

以上、牡蠣にあたる原因と症状・対処法~加熱よりも産地選び?でした。

スポンサーリンク



8 Responses to “牡蠣にあたる原因と症状・対処法~加熱よりも産地選び?”

  1. 牡蠣好き より:

    以前、牡蠣にあたり酷い食中毒になったので大好きな牡蠣ですが今は怖くて食べていません。
    その時食べたのは、牡蠣フライでしたが中が冷たかったのを覚えています。
    同じ牡蠣を食べた家族みんな牡蠣にあたったので、今思えばノロウイルスだったのかと思いました。
    あれから、随分牡蠣を食べていませんが、熱を通して食べてみようかと思いました。

  2. 牡蠣はやめられない。 より:

    旬の時期の牡蠣最高ですよね。
    私も以前、牡蠣フライでしたが食べた後に吐き気がでて食中毒の様な状態になった事があります。
    それ以降、数年牡蠣を食べる事をやめていましたが、最近はまた牡蠣を食べるようになりました。
    この記事に書いてあるように、加熱用の牡蠣を生で食べればかなりの確率で、あたるのではないかなと思います。

    しかし、ノロウィルスは人間が増やしているとは知りませんでした。
    大変勉強になりました。

    牡蠣にあたらないように、これからも美味しくしっかり加熱して食べる事にします。

  3. たま より:

    加熱用と生食用の違いがわかりスッキリしました!
    牡蠣にあたる話しはよく聞くので、私も気を付けていきたいです。

  4. 生ガキ好き より:

    生ガキは新鮮なんだと思っていて今まで食べていましたが、
    全く違った答えでビックリしました。

    牡蠣なんてどこにでもいるものですが、
    生活排水が無く綺麗な海の牡蠣なら生でいける???
    でも、怖くて食べられないですね…

    今度から非加熱用牡蠣の産地を見ていきたいです。

  5. coo より:

    とても参考になりました。

    牡蠣フライが大好きでよく作るのですが、
    加熱用なので当然中まで火が通ってないとやばいですね。
    牡蠣フライであたろうものなら一生言われ続けそうです。

    不思議なのは居酒屋で同じ生ガキを食べて、一人の友人だけがあたった時。
    多分生食用でもピンキリあるんでしょうね…

  6. 牡蠣フライ より:

    広島の牡蠣は有名なのは知っていましたが、生牡蠣は宮城県なんですね。
    やっぱり、水が綺麗いなところでとれないと生で食べるのは怖いですね。
    松島の生カキを一度食べてみたいですw

  7. kaki より:

    この時期になると、牡蠣によるノロウィルスをよく見かけますね。
    私は、食あたりが怖いので生で食べた事はないのですが、これだけ食中毒が流行るという事はそれだけ生牡蠣を食べる人が多いのでしょうね。
    今度、美味しい生牡蠣を食べてみようかと思いますw

  8. 牡蠣 より:

     生食用の牡蠣は生産地のみで決まる訳ではありません。具体的に言えば、生食用に加工します。牡蠣専用の浄化槽にて18時間~24時間浄化します。

コメントを残す

このページの先頭へ