Sponsored Link

ダイエットに使える!?おでんのカロリーが低いものと高いもの

おでんカロリー

冬の定番「おでん」のカロリーが高いものと低いもの

寒くなると温かい食べ物が恋しくなりますね。
その中でも今回は「おでん」に注目をしてみたいと思います。
おでんは本当にバラエティに富んだ具材が入っていて、見るだけでも幸せな気分になりますが、最近では新しい具材がどんどん入ってきています。
おでんは昔、田楽と呼ばれていたそうです。
ちなみに漢字では(御田)と書きます。
(参考:おでんwikipedia)
一昔前まではシンプルなものが多く、仕事帰りのお父さんがちょいと一杯という感じでしたが、今は子どもが好きそうな具材が多く取り揃えられています。

さて、みなさんはおでんのどの具材が好きですか?

おでんは意外と低カロリー!?

おでんの具材は細かく分類すると数十種類は存在すると言われています。
その中でもここでは低カロリーの具材を見ていきましょう。
おでん昆布巻き
①昆布巻き:4kcal
②こんにゃく:5kcal
③白滝:6kcal
④大根:10kcal
⑤牛すじ串:30kcal

もちろん具材の大きさによってランキングは変わりますが、メンバーは大きく替わることはないでしょう。
意外なのは牛すじ串でしょうか。
お茶碗1杯のごはんが約250kcalと言われていることを考えると、牛すじ串は8本食べてお茶碗1杯のごはんと同じカロリーです。
これが昆布巻きになると60個食べてまだごはんの方が上回っています。
予想以上に低カロリー食材であることが分かりますね。
ダイエット中の方も安心のカロリーですね。

おでんは意外と高カロリー!?

先ほどはおでんがいかに低カロリー食材かということを紹介しましたが、実は高カロリー食材がたくさん混じっていることを知っていますか?
ここでは、その中でも高カロリーの具材を見ていきましょう。
おでんウインナー
①・・・ウインナーソーセージ:160kcal
②・・・豚なんこつ:150kcal
③・・・もち入り巾着:120kcal
④・・・つみれ(肉):110kcal
⑤・・・玉子、厚揚げ、がんも:90kcal
これはかなりの高カロリー食材ですね。
①~④をたった2つ食べるだけでお茶碗1杯のごはんに匹敵します。

低カロリー1位の昆布巻きと高カロリー1位のウインナーソーセージを比較すると、ウインナーソーセージ1本で昆布巻き40個分のカロリーがあるわけです。
つまり、おでんが低カロリーか高カロリーかということは、あなたが何をどれだけ食べるかで決まるということになりますね。

以上が、おでんのカロリーが低いものと高いもの内容になります。

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ