Sponsored Link

コンビニ各社のおでんの特徴と美味しい理由

コンビニおでん

コンビニおでんが美味しい理由

寒い冬、ちょっと小腹が空いたときのコンビニのおでんは本当に最高の幸せのひとときだと言えます。
おでんはしっかりとダシが染みこんでこそうまみを引き出すことができますが、これには時間がかかります。
その点、コンビニではこれを手軽に美味しいおでんを手にすることができます。
そこで、コンビニのおでんの特徴や美味しい理由を調べてみました。

セブンイレブンのおでん

セブンイレブンのおでんダシはかなり高評価を得ています。
下味を作り込む段階で、「黒みりん」や「たまねぎ焼酎」などを使ってじっくり丁寧に煮込んでいます。
これは市販されているおでんの素などでは再現できるレベルではありません。
このダシの深みが圧倒的な支持を得ています。
大手コンビニ数社対象のおでん調査においてもセブンイレブンのおでんは50%近くの指示を集め、圧倒的人気を誇っています。
また、ここまで作り込んだおでんですが、厳しいマニュアルによって廃棄の時間も決められています。
「はんぺんは最長3時間」「玉子は最長5時間」「大根は最長8時間」といった具合です。
(セブンイレブンHP)

ローソンのおでん

ローソンのおでんは追い鰹ダシで少し濃い味をしています。
そのため好みが大きく分かれるようです。
ローソンは常に新しいおでんの楽しみ方を研究し、提供し続けています。
他社にはない「おでんうどん」もローソンオリジナルです。
こうなるとおかずではなく立派な食事となりますね。
他にも地域限定商品などを多く扱い、全国展開しているネットワークの強みが十分表れています。
ローソンHP

ファミリーマートのおでん

ファミリーマートは地域に合ったおでんを提供するために、日本を5つの地域に分けています。
それぞれの地域に対してダシを変えて作っています。
そのため、地元に愛されるおでんダシができあがるわけですね。
ファミリマートHP

サークルKサンクスのおでん

サークルKサンクスのおでんはダシや具もおいしいのですが、特筆すべきは薬味の豊富さでしょう。
おでんにおける薬味とは、具につける「みそ」や「からし」の類のことです。
この程度であればどのコンビニにも置いていますが、サークルKサンクスでは他にも「梅みそ」「からしみそ」「おでんのダシ粉」などが準備されており、しかもそれがすべて無料なのです。
サークルKサンクスHP

どうしても衛生面が気になる人は・・・

コンビニのおでんは店員が管理する手間を考えてレジ横に設置されていることが多いです。
レジ周りは最も多くの人が行き交う場所で、店員もバタバタと移動しています。
レジ近辺は自動ドアも近くにあるので頻繁に空気の流れが変わり、外の空気が入ってきます。
このような諸々の条件から、どうしてもむき出しのおでんが不衛生に感じてしまう人も多いと聞きます。
コンビニでもその辺りは気遣っていて、透明のふたをするように工夫している所も増えています。
それでも気になるという人には、コンビニのおでんセットをオススメします。
未調理のオリジナルのおでんの具を買うことができます。
同時におでんの素(ダシの素)も無料でもらえるので、自宅で好きなコンビニおでんを再現することができます。

以上が、コンビニ各社のおでんの特徴と美味しい理由の内容になります。

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ