Sponsored Link

熱燗を上手に作るコツ!

熱燗のコツ

熱燗を上手に仕上げる作るコツ

寒い冬に体を温める方法はいくつもありますが、大人は「熱燗できゅ~っと一杯」なんていかがですか?
熱燗は言わずと知れた「とっくりに入った温かい日本酒」のことです。
しかし、お店で飲む熱燗と、家で作った熱燗では風味がまったく違うと感じたことはありませんか?
実は熱燗はいくつかあるポイントを押さえていないとまったく風味が変わってしまうことを知っていますか?

熱燗とはどのくらい熱いの?

まず「燗(カン)」について知っておきましょう。
「燗」とは日本酒を温める行為全般を指します。
そのため、日本酒が温まることを「燗が付く」と表現します。
さて一体どのくらいの温度になれば燗が付くのでしょうか。
熱燗疑問
実は日本酒を飲むときの温度で名前が変わります。

・10℃前後 「花冷え」
・15℃前後 「涼冷え(すずびえ)」
・30℃「日向燗」
・常温 「冷や」
・33℃前後「人肌燗」
・40℃前後「ぬる燗」
・45℃前後「上燗」
・50℃前後「熱燗」

となっています。(参考:燗酒wikipedia)

これはとっくりに入った日本酒の温度ではなく、おちょこに入ったもの、まさに「今から飲むぞ」という瞬間の温度を指しています。
よって、熱燗を飲むためには、「50℃~55℃」程度にしておく必要があるということですね。

必ず湯煎で燗を付ける

美味しい熱燗に仕上げるためには単に温めるというわけにはいきません。
熱燗の醍醐味は温度とともに『香り』がとても重要だからです。
例えば、鍋に日本酒を入れて火にかけてしまうと香りが飛んでしまいます。
この方法では料理酒として利用したのと同じことになってしまいます。
そこで「湯煎」の登場というわけなんですね。
湯煎をすると、直接火にかけてアルコールが蒸発するよりも先に燗がつく(日本酒が温まる)ので最適な方法だと断言できるのです。
上手な熱燗

美味しい熱燗の作り方

1:空のとっくりを鍋に立てて入れ、とっくりが6割程度浸かるように水を張り、とっくりを取り出す
2:鍋の水を沸騰させる。
3:とっくりに8割~9割程度の日本酒を注ぐ。
*日本酒は温まると体積が増えるので、いっぱい注いで湯煎するとこぼれてしまうからです。
4:とっくりの口にラップをかけ、沸騰する鍋の中に入れる。
*ラップをかけることで香りが逃げなくなります。
5:目標温度になれば取り出す。

もっと簡単に熱燗を作る方法として、ラップをかけた状態で、電子レンジを使う方法もありますが、温度にムラができる可能性があるので、チンした後少しそのままなじませることが重要です。
時間が無い時は電子レンジを使い短縮で作れてしまう熱燗ですが、やはり、一番美味しく熱燗を作る方法は「湯煎」が一番ではないでしょうか?
以上が、熱燗を上手に作るコツ!の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ