Sponsored Link

野菜代わりになるの?野菜ジュースの効果について

野菜ジュースの効果

野菜ジュースの効果ってどれくらいあるの?

野菜ジュースを1日の野菜の代わりに飲もうというライフスタイルの方も多いかと思います。
忙しい仕事の合間にドリンクタイプで摂取できる野菜ジュースは、とても貴重な存在です。

しかし、実際にミキサーなどで野菜ジュースを作成したことがある方はご存知のはずです。
こんなにサラッとしていて効果はあるのだろうかという疑問がでることを。
今回は、そんな「野菜ジュースの効果」についての記事になります。

市販の野菜ジュースの効果について

野菜ジューズ
実は、市販の野菜ジュースは「飲みやすさ」も追求しているために、トマトジュースかリンゴジュースベースになっているのが一般的です。
全体量に対して数mgでも含まれている食物は表示義務または表記しても良いというルールがあります。
そのたった数mgを羅列すれば、いかにも「体に良さそう」な野菜ジュースの完成です。
人によっては糖尿の危険があるから飲まないという方もいます。
また、現在日本で主流となっている野菜ジュースは、野菜のペーストを加熱して圧縮し、水やジュースで伸ばす方式が採用されています。
この加熱作業で大きく損なわれるのはビタミンCです。
熱に非常に弱い栄誉素や酵素は、この時点でほぼ効果を失ってしまうのです。
少しネガティブな内容になってしまいましたが、では、全く効果のないものなのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

食物繊維が入った飲料は少ないので、単に甘いジュースや炭酸飲料を飲むよりも健康には効果があると予測されます。
また、意図的に野菜を摂取しようとする意思が野菜ジュースを買わせるので、野菜を摂取することの大切さが頭に残ります。
無論、ミネラルや一部加熱に耐えうる残留栄養素もあるので、野菜の代用品とは言い難いですが、「野菜ゼロよりマシ程度の効果はあると言えます。」
特に意識したいのが、塩分の排出作用のあるカリウムが含まれているという点です。
塩分を過剰に摂取しているのが現代人ですから、そんな意味合いでは優れた飲料だということができます。
無塩を謳う製品もありますので、よく探してみましょう。
また、ビタミンが足りないのなら、レモンやキウイフルーツを絞ったものを入れて飲むという方法もおすすめです。
以上が、野菜代わりになるの?野菜ジュースの効果についての内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ