Sponsored Link

アイスクリーム(アイス)に賞味期限がない理由とは?

アイスクリーム

アイスクリームってなんで賞味期限がないの?

夏の季節や、風呂上りに冷たいアイスクリームを食べる。
なんとも幸せなひと時ですよね。
日本に限らず、世界中でアイスクリームは愛されています。
今回は、そんなアイスクリームの雑学になります。

アイスクリーム好きな方は、冷凍庫に沢山のアイスが眠っていそうですが。
アイスクリームは一体いつまで保存出来るのでしょうか?
アイスのカップや表面を見ると賞味期限は記載されていない場合が多いのですが…

その前に、賞味期限と消費期限の違いについてを覚えておきましょう。

・賞味期限…「その期間内であれば、美味しく食べれますよーという食品の期限表示の事」
・消費期限…「その期日までならば、その食品が安全に食べられますよーという食品の期限表示の事」

上記が、賞味期限と消費期限の違いです。
賞味期限の場合は美味しく食べられる期間なので、賞味期限を過ぎてしまった場合も、美味しくはないが食べる事は出来る可能性もあります。
一方消費期限の場合は、安全に食べられる期間ですので、消費期限が過ぎてしまった食品は安全に食べる事はできないという事です。
くれぐれも消費期限切れの食品は食べない様にしましょう。
(参考:賞味期限消費期限wikipedia)
ice-159744_640


そして本題の、アイスクリームになぜ賞味期限がない理由ですが


「マイナス18℃以下で保存されているので品質の変化や細菌などの繁殖もしない為」


もう少し詳しく説明すると、
通常アイスクリームなどは-20℃以下で冷凍保存されます。
またアイスクリームに使われている原材料も単純なため品質に変化が起こる事は少ないという事です。
法律でも、-18℃以下で保存されているものについては賞味期限の記載はしなくてもよいとなっています。
(参考:アイスクリームwikipedia)

アイスクリームには賞味期限がないけれれど、冷凍食品には賞味期限があるけどなんで?

気が付いた方も多くいらっしゃるかと思いますが、同じ冷凍庫で保存する、冷凍食品には賞味期限が記載されています。
これは、冷凍食品に使用されている油が時間と共にに酸化する事。冷凍庫は乾燥しているため冷凍食品の水分が無くなってしまい冷凍焼けを起こす事から美味しく食べれる期間として賞味期限を記載しているのです。

アイスクリームは冷凍庫でいつまで保存できるの?

理屈の上では、5年位は冷凍庫の中に閉まっておけば味は殆ど変わらないと言われています。
ただし、冷凍庫を開けたり閉めたりの回数が多ければ多いほど、溶けてしまったり水分が少なくなったりした場合は劣化が進んでしまいますので、美味しく食べられる期日も短くなるでしょう。


おまけに、アイスクリームの場合ですが、冷凍庫に保管して-18℃以下を保ち続けた場合は(一切開け閉めなどはしない)100年後でも美味しくアイスクリーが食べられるという事になると思うのですが…。
いつかそんな事を実験する人が出てきそうですね。まあワインやウイスキーのように年月が経てば味が変わる訳ではないのであまり意味がないと言われればそれまでですが…


以上が、アイスクリームに賞味期限がない理由とは?の内容になります。

スポンサーリンク



One Response to “アイスクリーム(アイス)に賞味期限がない理由とは?”

  1. アイス大好き より:

    アイスが大好きで、以前からアイスにはなんで賞味期限がないのかなと思っていました。
    このサイトをみて謎が解けましたw
    また、冷凍食品には賞味期限があるのですね。
    これも全く知りませんでした。
    勉強になりました

コメントを残す

このページの先頭へ