Sponsored Link

未熟な果物をいち早く甘くする追熟方法とは?

りんご未熟

未熟な果物を直ぐに甘くする!追熟方法

一見、美味しそうに見える果物でも、果実が成熟していないと甘みが無かったり水分が足りなかったりと
高価な果物を買っても台無しになってしまいます。
果物には、成熟してから収穫するものと、収穫してから追熟させてから食べるものがあるのです。
今回は、そんな果物をいち早く追熟する方法についての雑学になります。

果物を美味しく食べる!成熟と追熟について


■成熟とは

果物を木に着生したまま美味しく食べれるまで待つことを「成熟」といいます。
簡単に言うと、果物を成長するまで木で育ててから収穫するという事です。

・主な成熟した後に食べる果物は、いちご、ぶどう、びわ、もも

追熟とは

果物を未熟な時に木から収穫しから食べごろまで待つことを「追熟」といいます。
簡単に言うと、未熟のまま収穫して時間を経て成熟にするという事。
(参考:追熟 wikipedia)
・追熟させてから食べる果物は、バナナ、キウイフルーツ、メロン、マンゴー、みかん


りんごを使って簡単に追熟

上記で紹介した追熟してから食べる果物のバナナでも良いですしキウイーフルーツでも良いのですが

未熟な果物をりんごと一緒にビニール袋に入れるだけ

たったこれだけで、未熟な果物の追熟時間が短縮され早く甘くなります。

りんごと一緒になぜ?

りんごは収穫された後も呼吸をしています。
そして酸素を吸収して、「エチレンガス」という植物ホルモンを放出させながら、りんご自体も自分で追熟していきます。
エチレンガスと言うとなんだか難しそうに思えますが、
簡単に言うと、「老化(成長)を早めるガス」と思えばいいでしょう。

果物が追熟する過程において、エチレンガス(植物ホルモン)がとても大切で、
その、りんごが発生させるエチレンガスを利用して未熟な果物の追熟時間を短縮して、通常よりも早く成熟させる事ができます。

上述の、追熟させてから食べる果物の中にある、キウイフルーツは、自分でエチレンガスを作れない為、
りんごのエチレンガスを利用すると、
あら不思議!
あっという間に熟してしまうんです。
果物を早く食べたい時には効果的な方法だと思います。
また、りんごの発生させるエチレンガスは野菜にも効果がありますので、
例えば、かぼちゃとりんごを一緒に密閉すると早くかぼちゃが甘くなります。

是非、まだまだ硬そうで食べれなさそうな果物などをりんごを使って美味しくしてみてはいかがでしょうか?

以上が、未熟な果物をいち早く甘くする方法とは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ