Sponsored Link

ビールは太る!?ビールで太る原因について

ビール、ビール太る

ビールを飲み過ぎると太る?

とりあえずビールで!
夏の暑い時期、キンキンに冷えたビールは最高ですよね。

でも、最近ビールの飲み過ぎのせいかお腹がぽっこり出てきたと感じている人はいませんか?
実際にビールが影響してぽっこりお腹に太らせているのでしょうか?

ビールのカロリーは銘柄によって若干違いはありますが、
大まかに、350ml缶だと150Kcalが一般的です。
ですが、アルコールのカロリーは、血行促進や体熱によって燃焼する為、脂肪にはならないと言われています。
この為、「ビールはいくら飲んでも太らない」と噂されています。
ですが、ビール好きの方はお腹がぽっこりしている方が多いのも事実ですよね。

ビール好きの方で、お腹がぽっこりしてしまうのは、「おつまみに油ものを食べる」事が脂肪を貯めてしまう一番の理由だと言われています。これは皆さん知っていると思います。

じゃあ、油ものを摂らなければビールを飲みまくっても太る事はない?と思うかもしれませんが、ビールには「糖質」が含まれていて、この糖質は脂肪に変わってしまいます。
太るのが気になるけれどビールを飲みたい!と言う方は、この糖質に注意した方が良いでしょう。
今では、糖質が少ない発泡酒や第3ビールなども販売されているので、ダイエット中などで、どうしてもビールが飲みたいという方は、糖質が少ない物を選ぶとよいでしょう。

ビールは太る?まとめ

・ビールのカロリーは、そこまで気にしなくてもよい
・ビールで意識するのは、ビールに含まれる「糖質」
・油もののつまみとビールは太る原因になる
・ビールは食欲増進作用があるため、食べ過ぎる事がある。その結果太る事もある

また、空腹時のビールは血糖値を上げたり胃を痛める事があるので止めましょう。
週に2日は休肝日を設けるなど依存しすぎない程度にお酒を楽しみましょう。
(参考:アサヒビールHP サントリービールHP

以上が、ビールは太る!?ビールで太る原因についての内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ