Sponsored Link

納豆菌の効果は凄い!納豆菌の効果と美味しい食べ方!

納豆菌の効果

納豆菌の効果について

納豆は身体にいい。これは今の時代常識になりました。
しかし、どうして・どうやって身体に良い影響があるのかはご存じない方が多いのではないでしょうか。
実は、納豆は腸内のヒーローなんです! 納豆菌の効果についての雑学になります。

納豆菌の効果

1、 免疫機能を上げる
 風邪予防には納豆がいい、と聞いたことはありませんか? 納豆は胃袋で溶けずに腸内に運ばれます。そして、人間の免疫細胞の相手を適度にして、より強くしてくれるのです。食べたその日から、とまではいきませんからインフルエンザが流行り出す季節の少し前から毎日納豆を食べることを心がけるといいかもしれません。

2、 血糖値が気になるあなたへ
 納豆菌は、体内のブドウ糖を食べて生きています。つまり、納豆を毎日食べる習慣を取り入れるだけで血糖値が目に見えて下がるのです。なぜ毎日か、というと菌は体外にすぐ出ていってしまうため。毎日納豆を体内に入れてやることで、血糖値に悩んでいるあなたに朗報が訪れるのです!

3、 便秘に悩む必要はもう無し!
 納豆菌はビフィズス菌(またの名を乳酸菌)と仲良しです。どちらも身体に良い菌なので、腸内の平和が守られ、するっとトイレで効果が実感できるはずです。

手軽で簡単おすすめの納豆の食べ方

とはいっても、納豆って混ぜ混ぜしてごはんに乗せるしか食べ方をご存じない、方も多いのではないでしょうか。
ここで、ちょっとした簡単レシピを一緒にご紹介します。

A.マヨネーズでくさみを取る
「納豆ってくさいから苦手」という人におすすめです。
ある程度まぜてから、マヨネーズを少量混ぜます。
くさみが消えて、比較的まろやかな味になります。

B.なんとトーストにのせる
 マーガリン、バター、マヨネーズ、どれでもいいですが薄く食パンにぬります。
その上に、混ぜまぜした納豆をジャムの要領でぬり、魚のグリル(魚臭かったら掃除しておいて下さい)でお好みの時間焼くのです(お焦げに注意)。
上にうすいチーズをのせるとさらに美味しいですよ!

C.納豆オムレツ
 卵で普通のオムレツを作り、その中に納豆を挟みます。
ケチャップ風味の納豆というのも新鮮でいいですよ。
また、納豆と生卵を混ぜて卵焼きを作るという人もいますが、それもいいと思います。

さあ、腸内の健康のために、納豆ライフを始めませんか?

以上、納豆菌の効果は凄い!納豆菌の効果と美味しい食べ方!でした。
(参考:納豆wikipedia タカノフーズHP)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ