Sponsored Link

麦茶の効能6つのポイント

麦茶の効能

麦茶の効能について

夏と言えば、麦茶が美味しい季節です。
麦茶は実はすごい、ということを再認識して頂くため、ここに麦茶の効能のご説明をお届けしたいと思います。

麦茶の効能6ポイント

効能1:身体を冷やす
 体温を適度に下げてくれる他、胃腸にも良く利尿作用もあるので熱中症対策にはバッチリです。
夏の飲み物というイメージはダテじゃなかったんですね。

効能2:血をサラサラに
 ピラジンという成分が、血をサラサラにしてくれます。
また、ギャバも含まれているため、血圧をちょうどよく下げてくれます。

効能3:虫歯予防
 バクテリアを追い出し、虫歯菌の中で有名なミュータンス菌の巣を壊してくれます。
これにより、虫歯を予防する働きがあります。

効能4:冷え性を防ぐ
 指先の細かい血管にまで血を送り、血管を落ち着かせることで冷え性改善。
女性には嬉しい事実なのではないでしょうか。

効能5:病気を予防
 胃の粘膜を保護してくれるため、胃かいようを防止してくれます。
糖尿病の合併症も防止します。
炎症をおさえる働きがある他、Pクマル酸がガン細胞と戦ってくれるので抗ガン作用も期待できます。
活性酸素を攻撃するせいぶんがあるのでがん、脳卒中、心筋梗塞も防いでくれるのです。

効能6:ノンカフェインだからこそ
 カフェインがないため、夜中に飲んでも眠りを妨げることはありません。
ほとんどカロリーがないのでいつ、どれだけ飲んでも大丈夫! ただしお砂糖や塩を入れる習慣がある人は別ですが。

 麦茶は英語では「バーリー・ティー」と呼ばれています。
つまり、大麦から作られたお茶、ということです。煮出す家庭と、水とパックを容器に入れるだけの家庭がありますが、どちらでも健康への効果は期待できます。
しかし、麦茶を入れるサーバーは汚れやすいのが難点ですね。
せっかくのスーパー・ドリンクに雑菌が入っては不衛生です。
美味しい麦茶の作り方の記事はこちらから
麦茶は腐る!麦茶を腐らせない7つのポイント

暑い夏、麦茶で乗り切りましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ