Sponsored Link

太る(太りやすい)食べ物や飲み物

太る食べ物

太る(太りやすい)食べ物や飲み物とは

世の中、みんなスリムボディに憧れているかに思えますが、一部の人々は違います。
健康的に少しだけ太りたい、病気でやせてしまったから太りたいなど。
そういう人達は以下の文章を参考にして下さい。
逆にダイエットをしたい! 
という大多数の人はこういうものを避ければいいんだと思って読んで下されば幸いです。

太りやすい食べ物や食べ方

コツ1.油分は糖類と一緒に
このコンビネーションは最強に太ります。
ドーナッツが好きでダイエッターなあなたはチェーン店で甘味のないパイを頼んでみるのも一つの方法かと。
ちなみに油であればどんな種類でもだいたい同じカロリーで、この種類の油なら太らないなどは例外を除きありません。

コツ2.お酒は太ります
お酒は「もうこの味は飽きた」という脳内のストッパーをまひさせる働きがあるので吐くまで飲めてしまいます。
あれがお酒でなく水だったら相当な量を飲んでいることになりますね。
また、アルコール類はそれ自体が高カロリーなだけでなく、油脂分豊富なおつまみと一緒に摂取することが多いのです。

コツ3.納豆や枝豆で健康的に太りましょう
ヘルシーな食品の代名詞なのが納豆です。
枝豆も、実は炭水化物なのでいっぱい食べてしまうと太ります。
あくまでヘルシーなので、よっぽど大量に食べ過ぎてしまわない限り健康には良いのですが。

コツ4.炭水化物は糖へと変わる
残念ながらパン以外の炭水化物、ごはんやめん類などはあまりカロリーがありません。
食べ過ぎれば十分太りますが、満腹感のほうが大きいでしょう。
しかし、炭水化物は体内で糖へと変わりますし、たとえばバターをたっぷりつけたクロワッサンなどはそれだけでケーキ1切れに匹敵するカロリーがあります。
太りたいなら和食より洋食、やせたいなら洋食より和食というのが原則です。

コツ5.ファーストフードを利用するにあたって
ファーストフードはFirst Food(第一級の食物)だと誤解している方もいますが正しくはFast Food(急ごしらえの食物)なのです。
”fast”には皮肉にも「断食」という意味もありますが。
基本的に高カロリーなので、太りたい人は色々と組み合わせて注文し、やせたい人はなるべく高栄養低カロリーになるよう計算して注文しましょう。

以上が、太る(太りやすい)食べ物や飲み物でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ