Sponsored Link

いつまで?チョコレートの賞味期限について

チョコレート賞味期限

チョコレートの賞味期限って?

みなさんってチョコレートの賞味期限って気にしたことありますか?
私自身、チョコレートを買って長い間放置するということがないので、今まで気にしたことがありませんでした。

今回はチョコレートの賞味期限についてご紹介します。

チョコレートの賞味期限は?

一般的なチョコレート、つまり板チョコなどは実は腐ったりすることってほとんどないらしいです。
というのも普通のチョコレートなどには水分がほとんど含まれていません。

そのため、腐敗するといったことがないようです。
ちなみにこれが生チョコなどになってくると話は変わってきます。

チョコごとに賞味期限は設定されているため、一概にどれくらいとはいえませんが数カ月のものもあれば、1年以上のものもあるようです。
通常のチョコの場合は賞味期限を過ぎても腐敗している可能性は少ないですが、味は確実に劣化しています。
賞味期限がすぎても食べれないわけではありませんが、あくまで自己責任で食べましょう…。

チョコといったらバレンタイン!

バレンタインチョコ
チョコといったら手作りチョコ!
バレンタインですね!

手作りチョコの場合は賞味期限に気を付けないといけません。
というのも、手作りの場合は市販のものとは賞味期限が大きく変わってしまうのです。
せっかくの手作りチョコでお腹を壊されたらショックですよね…。

型抜きチョコ
・型抜きチョコ
手作りチョコで最も簡単な型抜きチョコ。
市販の板チョコなどを溶かすだけなので、賞味期限は4~5日と比較的長めです。


チョコレートトリュフ
・生チョコ、トリュフ
生チョコやトリュフには、生クリームが含まれています。
賞味期限は冷蔵庫で3日~4日ほどでしょう。


239899
・チョコクッキー
クッキーは日持ちしやすいイメージがありますね。
常温で一週間程保存できます。
ただし、クッキーは湿気に弱いのでしっかりと密閉してラッピングしましょう。


市販されているチョコなら賞味期限を少し過ぎても、そこまで気にすることなく口にすることができるかもしれません。
しかし、手作りだとそういうわけにはいきませんよね。
しっかりと相手に賞味期限のことも伝えておいたほうがよさそうですね。

以上、いつまで?チョコレートの賞味期限についてでした。
(参考:チョコレートwikipedia)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ