Sponsored Link

コーヒーの飲み過ぎは危険!?3つの注意すべき事とは?

コーヒー飲み過ぎ

コーヒーの飲み過ぎは危険!?

大人の飲み物として定番のコーヒー。
若い頃はコーヒーをブラックで飲める、そんなかっこいい大人に憧れていた人も多いのではないでしょうか?

勉強の合間や仕事の合間、眠気覚ましにコーヒーを飲むという人も多いでしょう。
ですが、そんなコーヒーも飲み過ぎは禁物です。
コーヒーの飲み過ぎによって、様々な症状が出てしまうからです。
今回は、コーヒーの飲み過ぎによって起こるデメリットについてです。

コーヒーの飲み過ぎで起こる症状

コーヒー症状
コーヒーの飲み過ぎで起こる症状をいくつかご紹介しましょう。

・胃の痛み
コーヒーの飲み過ぎで胃が痛くなってしまった経験ありませんか?
コーヒーには胃酸の分泌を促す作用があるんです。
そのため空腹時などにコーヒーを飲み過ぎてしまうと、胃酸が過剰に分泌されてしまい胃が痛くなってしまうのです。

・骨粗しょう症
コーヒーに利尿作用があることはご存知ですか?
コーヒーを飲むとすぐに尿意が…。
こんな経験よくありますよね。
これはコーヒーに含まれるカフェインが原因。
体がカフェインを外に排出しようとするため尿意を覚えるんです。
そしてこのときにカフェインと一緒に体内のカルシウムも排出されてしまいます。

もうお分かりですね。
カルシウムが不足すれば、それだけ骨が脆くなってしまいます。
「コーヒーの飲み過ぎ=骨粗しょう症」とは言いませんが、少なからずコーヒーの飲み過ぎは骨粗しょう症と関係しているんです。

・自律神経の乱れ
カフェインに興奮作用があることはご存知ですか?
カフェインが交感神経に働きかけ、血圧や心拍数の上昇を促し興奮状態になります。

言ってしまえば、強制的に交感神経の働きを活発にさせているわけです。
交感神経は自律神経に関係しているため、コーヒーを飲み過ぎれば交感神経が異常に活性化し、自立神経の乱れを引き起します。
コーヒーを飲み過ぎるとだるさや不眠症などを引き起こします。
これらは自律神経の乱れによるものなのです。

コーヒーというのは決して体に悪い飲み物というわけではありません。
ただし、ほとんどの食べ物や飲み物がそうなように、コーヒーも飲み過ぎてしまえば大なり小なり害が出ます。
適切な量の摂取を心がけることが必要です。
以上、コーヒーの飲み過ぎは危険!?3つの注意すべき事とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ