Sponsored Link

牛乳を飲んだらどうして腹痛になるの?牛乳と腹痛について

牛乳

牛乳を飲んだらどうして腹痛に?

牛乳をたくさん飲んで腹痛になってしまうことってよくありますよね。
小さい頃から牛乳を飲むとこういった経験をよくするので、それが当たり前のことだと思っていました。

「牛乳を飲み過ぎるとお腹を壊す。理由?理由は知らない!」

そう思いながら生きてきましたが、最近牛乳と腹痛の関係についてふと気になって調べてみました。

牛乳と腹痛の関係は?

牛乳と腹痛
確かに牛乳を飲むことで腹痛が引き起こされることがあります。
それでは具体的になにが原因で腹痛が引き起こされてしまうのでしょうか?

腹痛を引き起こす原因は、牛乳に含まれている「乳糖」という成分だそうです。
乳糖は、牛乳の甘みを生み出している成分です。

この乳頭がうまく体内で分解されないとお腹がゆるくなってしまうんです。
この症状を「乳糖不耐症」といいます。
実は、日本人の8割がこの乳糖不耐症だといわれています。

どおりで、牛乳を飲み過ぎてお腹を壊したという話を多く聞くわけですね。

また、牛乳の成分だけでなく温度が腹痛の原因となっている場合もあります。
牛乳は基本的に冷蔵庫で保存されていますよね。
そのため冷蔵庫から出したばかりのキンキンに冷えた牛乳をいきなり飲むことで、腹痛になってしまうこともあります。

牛乳で腹痛を起こさないようにする方法は?

牛乳腹痛の対処
牛乳で腹痛が起こる原因が「乳糖」「温度」だということがわかりました。

牛乳で腹痛が起こると分かっていても、牛乳が飲みたいときはありますよね。
そういった場合は、どういったことに気を付けて牛乳を飲めばいいのでしょうか?

まずひとつは、「ゆっくり飲む」ということです。
あまり急いで飲むとただでさえ乳糖の分解がうまくできないのに、さらに分解が進まなくなってしまいます。

また、ホットミルクにして飲むのもいいでしょう。

牛乳は多くの方がご存知のように、カルシウムが多く含まれています。
しっかりと毎日の食事に取り入れていきたいものですよね。

今回紹介した方法で、牛乳と上手に付き合ってみてください。
以上、牛乳を飲んだらどうして腹痛になるの?牛乳と腹痛についてでした。

スポンサーリンク



One Response to “牛乳を飲んだらどうして腹痛になるの?牛乳と腹痛について”

  1. ありんこ より:

    よく分かりました。ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ