Sponsored Link

ポップコーンの雑学!ポップコーンが弾ける理由について

ポップコーン

ポップコーンはなぜはじける?

映画のおともに大活躍のポップコーン。
みなさんは何味が好きですか?
私は断然キャラメル味です!

そんなポップコーンですが、ポップコーンがはじける理由ってご存知ですか?
今回はポップコーンがはじける理由についてご紹介します。

ポップコーンがはじける理由

ポップコーン弾ける
ポップコーンを自宅で作ったことがある方も多いのではないでしょうか?
フライパンでポップコーンの素となる粒を炒めていると、「ポン!ポン!ポポン!!」と軽快なリズムではじけますよね。
このとき一体どういった現象が起きているのでしょうか?

まず、フライパンで粒を炒めていると、粒の中の水分が水蒸気に変化し始めます。
液体から気体になると体積は大幅に増加します。

つまり、このとき粒の中はものすごい圧力で満たされているわけです。
そして粒の外殻が粒の中の圧力を抑え込めなくなると、外殻が割れそれと同時に内部の圧力が急激に減少し、粒の中身が外に飛び出すのです。

ポップコーンがはじける温度

ポップコーン弾ける温度
ポップコーンがはじける理由はわかりましたね。
では、実際に何度くらいでポップコーンがはじけはじめるのでしょうか?

温度が100度になると粒の中の水分が水蒸気に変わり始めます。
そして、およそ180度に達すると外殻が中の圧力に耐えきれなくなり、はじけるようです。
ですが、ポップコーンを作るときにわざわざフライパンの温度を測るのも面倒ですよね。

そんなときは、最初に3粒から5粒だけフライパンに入れて加熱を開始してみてください。
最初にいれた粒がはじけだしたらちょうどいい温度に達した合図です。

おそらくフライパンの温度は180度近い温度になっているので、残りの粒も入れましょう。
また、フライパンを温めるときフタを少しずらすのも上手にポップコーンを作るコツですよ。
ある程度の温度まで上がったら一度火から離してフライパンを揺すりましょう。
そうすることで焦げ付きを防止することもできます。

ポップコーンがはじける理由と温度を知って、上手にポップコーンを作ってみましょう。
以上、ポップコーンの雑学!ポップコーンが弾ける理由についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ