Sponsored Link

ゆで卵に塩をかけるのは味だけではなかった。

ゆで卵
ゆで卵に塩をかける本当の理由

コンビニや、駅の売店などで売っているゆで卵。
でも、あのゆで卵には必ずと言っていいほど「塩」が一緒に付いてきます。
その塩も、今では単なる塩だけではなく、色々な味付き(とうがらし、カレー、ゆずなどなど)の塩が付いている場合もあるくらいです。

こう考えると、ゆで卵を美味しく食べる為の味付けにしかすぎませんが、ゆで卵の塩にはもう一つの理由があったのです。

それは、

ゆでたまごを何も付けないで食べると喉に詰まる恐れがあるから。

なのです。

ゆで卵の塩は、味付けだけではなく、塩を口に入れるときに唾液が分泌される事を狙っていると言われています。
ゆで卵はそれでなくても、喉に詰まりやすいと想像できますよね。
喉がカラカラの状況でゆで卵を食べたら、そら喉に詰まる事間違いなしの様な気がします。(いや、きっと詰まるでしょう)
ですから、付属されている塩で唾液を分泌させ喉に詰まりにくくする+美味しく食べるという効果があの塩にはあるらしいです。

この理由から考えると、なにも塩に限らず、唾液がでそうな調味料なら何でも良い感じもしますね。
マヨネーズでもいいですし、醤油でも良さそう。
ただし、ゆで卵を食べる前に調味料を先に口にしないと唾液の分泌がなくなるので効果がなくなってしまいます。

以上、ゆで卵に塩をかけるのは味だけではなかったでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ