Sponsored Link

魔法のランプみたいなカレーの入れ物ってなに?

カレーの入れ物

レストランのカレーの入れ物なんで魔法のランプみたいなの?

ファミレスなのでカレーを頼むと、魔法のランプの入れ物の様なもので運ばれてきます。
気になるあの入れ物の名前は、「グレイビーボート」または「ソースポット」と言うものです。

カレーと言えばインドなので、インドの人はカレーをあの魔法のランプ(グレイビーボート)に入れて食べているのかなと思ってしまうと思いますが、実はインドでカレーをグレイビーボートに入れる習慣はありません。
インドカレー屋に行った事がある人なら、なんとなく解ると思いますが、実際は陶器の器だったりステンレスで出来た入れ物を使用する事が多いです。
本場インドでは、植物の葉っぱの上にカレーをよそう事もあるらしいです。

グレイビーボートはイギリスの入れ物

グレイビーボート
それでは、グレイビーボートはどこの国から来た入れ物なのかと言うところですが、実はイギリスから来たものです。
昔、日本にカレーという料理を伝えたのはイギリス人だと言われていて、イギリスでは「ソースポット」という名前で言われている容器なのです。
ですが、イギリスではソースポットにカレーを入れて食べる習慣は無いと言われています。
カレーをソースポットに入れて料理を出したのは日本人からだと言われています。

話をまとめると、カレーはインド料理→カレーを伝えたのはイギリス人(ついでにソースポットももってきた)→日本人がイギリスから伝えられた料理だからソースポットに入れてカレーを出した→それが日本で定着した。
こんな感じだと思います。

以上、魔法のランプみたいなカレーの入れ物ってなに?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ