Sponsored Link

日本酒は腐る?日本酒の賞味期限と保存方法

日本酒

日本酒は腐るのか?

みなさんは日本酒は居酒屋で飲みますか?
自宅で飲みますか?

自宅で日本酒を楽しんでいるという人にとっては、日本酒が腐るのか?という点は気になる部分なのではないでしょうか?

日本酒は腐るのか?

日本酒は腐る
基本的に日本酒が腐るということはないようです。
ですから、日本酒に賞味期限は貼ってありません。
ですが、日本酒を長期間置いておくと味に変化がみられる場合があります。
酸味が増したりすることはありますが、これは決して腐ったわけではなく飲むことができます。

長期間置いても腐ることは少ないが、味の好みは別れるわけです。

日本酒を上手に保存する方法

日本酒保存
日本酒が腐ることはないとしても、保存の仕方で味がずいぶんと変わります。
できることならなるべく美味しい味のまま保存したいですよね。

日本酒を上手に保存するためのポイントはふたつです。


日本酒は非常に光に弱い飲み物です。
そのため、直射日光の当たる場所で保存することだけは絶対に避けましょう。
数時間直射日光に当てるだけでも、色や味、匂いなどがかなり変化します。
日本酒の保存はとにかく日光や光などが極力当たらない場所にしましょう。
温度
日本酒は温度にも非常に敏感なお酒です。
基本的には常温以下で保存すればよいのですが、長期間保存するのであれば低温でなおかつ温度の変化が少ない状態で保存するといいでしょう。

15度前後の一定の温度であれば、1年くらいの保存が可能です。

生酒・生貯蔵酒は保存に注意!

生日本酒
日本酒には「火入れ」を行なっていない生酒・生貯蔵酒というものがあります。
火入れというのは、簡単に言えば低温殺菌のことです。
この火入れが行われていることで、長期保存が可能になります。

そのため火入れが行なわれていない生酒・生貯蔵酒は長期保存には向いておらず、保存の場合も5~6度以下での保存が求められます。
ラベルに「生酒」「生貯蔵酒」と表示されているので、そういったお酒の場合は保存に注意するようにしましょう。

日本酒は腐ることが少ないお酒です。
しかし、長期間置いたことで変わる味の変化を「劣化」ととらえるか「変化」ととらえるかは好みが分かれる部分でしょう。
今回紹介した保存のコツを参考に長期間日本酒が楽しめるといいですね。
以上、日本酒は腐るのか?日本酒の上手な保存方法についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ