Sponsored Link

さつまいもの賞味期限いつまで食べられる?~上手な保存方法

さつまいも

さつまいもの賞味期限と保存方法について

秋になると旬を迎えるさつまいも。
そんなさつまいも、「いざ買ってみたはいいけど賞味期限ってどのくらいなんだろう…?」と思うことありませんか。
今回はそんな疑問にお答えします。

さつまいもの賞味期限は?

さつまいも
さつまいもの賞味期限は、常温保存であれば1~2ヶ月、さつまいもにとっていい条件が重なれば3ヶ月程度といわれています。
しかし、さつまいもはとても水気に弱い食べ物です。
そのため一度洗ったり水気に触れてしまった場合は、1~2日程度しか鮮度が持たなくなるので注意が必要です。

また、さつまいもは冷凍保存も可能ではあります。
しかしさつまいもを生のままで冷凍保存すると極端に味が落ちます。
そのためさつまいもを冷凍保存するときは、加熱処理をした上で保存することになりその場合の賞味期限は1ヶ月程度となります。

さつまいもの保存の仕方は?

さつまいも保存方法
さつまいものおおよその賞味期限がわかったところで、今度は正しい保存の方法をご紹介します。

生のさつまいも常温保存の方法
生のさつまいもを常温で保存する場合、土付きの場合は土を払い落さずにそのまま段ボールなどに入れて、風通しのいい冷暗所で保存します。
土がついていない場合は、さつまいもを新聞紙でくるんでから風通しのいいい冷暗所で保存します。
このとき新聞紙以外のラップなどで密閉するようにさつまいもをくるんでしまうと、さつまいもが呼吸できなくなってしまい鮮度がぐんと落ちてしまいます。
必ず新聞紙を使うようにしましょう。

また、保存の際には温度にも気をつけましょう。
さつまいもの常温保存の温度は13~16℃となっています。
そのため冬場は新聞紙を多くまいて温度を高めに保つようにするといいでしょう。

冷凍保存の場合
さつまいもを冷凍保存する場合は、先にも述べたように加熱処理をしてからにしましょう。
生のさつまいもを冷凍保存すると、中身がスカスカになってしまいます。

加熱したらマッシュ状態、固形状態、お好みの形でフリーザーパックやラップなどに包んで冷凍保存しましょう。

さつまいもは一度水に触れてしまうと極端に賞味期限が短くなってしまいます。
料理に使う際にはしっかりと分量を見極めて、無駄が出ないようにしましょう。

以上、さつまいもの賞味期限いつまで食べられる?~上手な保存方法でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ