Sponsored Link

牛乳はすぐ腐る?賞味期限切れの牛乳はいつまで飲める?

牛乳

賞味期限切れの牛乳いつまで飲める?

冷蔵庫を開けて牛乳をみたら賞味期限が切れている・・・
こんなことありますよね。

今回は牛乳の賞味期限のお話です。

賞味期限切れでも1,2日は問題はない!? 口をつけて牛乳を飲むのは絶対NG

牛乳賞味期限

賞味期限とは、おいしく食べられる(飲める)期間の事ですので、賞味期限を過ぎたら絶対に食べたり飲んだりしてはいけないと言う事ではありません。
ですから、1日、2日賞味期限が切れていたとしても腐っていると言う事はありません。
未開封で冷蔵庫でしっかり保存していた状態ならば、1,2日賞味期限が過ぎたからと言って腐ると言う事はないでしょう。

ですが、開封した後の牛乳の場合は開封した場所から細菌が入り込んでしまっているので、腐敗する確率があがりますので賞味期限内であっても2,3日程度で飲んでしまいましょう。

特に腐敗を早めることとして、「牛乳パックに口を付けながら飲む」これは絶対にNG!
口の中にいる細菌が牛乳の中に入り込み菌を繁殖させてしまうからです。
牛乳は他の飲み物と比べても栄養分が多い飲み物ですので、菌の繁殖するスピードは速い腐りやすい飲み物です。

保存方法や、開封していない、開封してあるによっても賞味期限が切れた牛乳が何日飲めるか確実に安全だという日数はありません。
最終的には、牛乳の臭い・牛乳の色・変な沈殿物が無いかを確認するしかありません。
また、少し飲んでみておかしな味がした時は、それ以上飲むのを控えましょう。

最後に、賞味期限の牛乳を飲む際は、あくまでも自己責任にて飲みましょう。

以上、牛乳はすぐ腐る?賞味期限切れの牛乳はいつまで飲める?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ