Sponsored Link

賞味期限切れのうどんはいつまで大丈夫?

うどん

うどんの賞味期限について

パックに小分けされたうどんをまとめ買いして保存していて、気付いたら冷蔵庫の奥で賞味期限が切れていた…。
こんなことよくありますよね。

一言でうどんといっても乾麺や茹で麺、生麺などあるので、今回は保存方法毎に賞味期限切れのうどんがいつまで大丈夫なのか紹介していきます。

常温保存だと?

パックに小分けされた茹で麺や生麺などは、常温保存はNGです。
パックにしっかりと「○℃以下で保存」「冷蔵保存」という記載があるので、それに従って保存しましょう。

乾麺は常温保存で大丈夫です。
乾麺を常温保存した場合、1ヶ月程度賞味期限が過ぎていても大丈夫でしょう。

冷蔵保存だと?

パックに入った茹で麺や生麺は冷蔵保存が最も一般的でしょう。
これらを冷蔵保存した場合は、賞味期限切れから1週間程度が目安と考えるといでしょう。

冷凍保存だと?

うどんの保存方法として持っても一般的なのは、冷蔵保存でしょう。
そのため冷凍保存をするという人は少ないかもしれません。

茹で麺や生麺を購入後すぐに冷凍保存した場合は、賞味期限を1年程度過ぎても食べることができるでしょう。
そのためもし大量に買い込んでしまったけどすぐに食べる予定がないという場合には、購入後すぐに冷凍保存をするのがおすすめです。

最終的な判断は自分の五感で!

うどんは麺のタイプや保存の方法によって、賞味期限切れ後に食べられる日数も変わってきます。
そのため、最終的な判断は自分の五感を信じるようにしましょう。

今でこそ人間の食べ物には「賞味期限」「消費期限」がしっかりと記載されていますが、昔は自分の五感で食べ物の異変などを見つけていたものです。
目で外観の様子を見て、鼻で食品の臭いを嗅いで、口に少し入れてみて違和感があったら食べるのをストップする。

今回紹介した日数や期間はおよその目安として、最終的には自分の五感で判断するようにするのが一番確実です。
あくまでも賞味期限切れは自己責任で!

以上、賞味期限切れのうどんはいつまで大丈夫?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ