Sponsored Link

にんにくを食べ過ぎると胃痛や下痢も?

にんにく

にんにくを食べ過ぎたら口臭の他に胃痛や下痢なども。

にんにくに対してどのようなイメージを持っていますか?
多くの人が「ニオイが気になるけど体に良い食べ物」だと思っているようですね。
もちろんこれは大正解です!
最近では品種改良によって、ニオイが少ないにんにくの生産や、にんにくの成分だけをサプリメントで摂取するなど、消費者にとってかなり扱いやすい食材となってきています。
(参考:にんにく wikipedia)

にんにくの栄養素

にんにくの特徴を支えている栄養素は『アリシン』『スコルジニン』です。

『アリシン』
これは糖質の分解や疲労回復をサポートしてくれる栄養素です。
「疲れた体にはにんにくが良い」と言われる由縁はまさにこのアリシンのおかげです。

『スコルジニン』
これは抗酸化作用の栄養素です。
細胞の活性化、新陳代謝の活性化をサポートしてくれます。

にんにくの効果

先ほど取り上げた「アリシン」「スコルジニン」という栄養素以外にも効果のある栄養素がたくさんあります。
調理においては「肉の臭み消し」として重宝されます。
主には球根部分が使用されますが、葉の部分は「葉にんにく」、茎の部分は「にんにくの芽」と呼ばれ、高い栄養を含んでいることでも有名です。

にんにくを食べ過ぎると・・・

にんにく食べ過ぎ
確かににんにくは体に良い栄養素のかたまりと言えます。
ではたくさん食べるとどうなるのでしょうか。
誰でもすぐに思い浮かぶデメリットは「口臭」ですね。

『口臭』
にんにくは独特のニオイがあります。
食べ過ぎると吐く息の中にこれが含まれてしまいます。
ここで問題なのは、にんにくのニオイがどこから来ているかということです。
普通は食事の後になるので、にんにくが胃の中に入っていますね。
つまり、口臭がきつくなりますが、それは口の中の問題ではないということです。
歯磨きやうがいはその場しのぎで、大元は胃の中にあります。

『体臭』
それでもお構いなしに食べ過ぎると、口臭どころか体臭にまで影響があります。
汗からもにんにくのニオイがすることもあります。

『胃腸の荒れ』
ここまで強烈なパワーを持った食べ物です。
食べ過ぎは逆に胃腸にダメージを与えることがあります。
常に胃がムカムカしたり、お腹の調子が悪くなったりすることもあります。

『下痢』
お腹の調子が悪くなると最終的に下痢になる可能性があります。

ニンニクが体に良いことは言うまでもありませんが、食べ過ぎは体にダメージを与えかねません。
ほどほどに、にんにくを食べましょう。

以上が、にんにくを食べ過ぎたら?胃痛に下痢?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ