Sponsored Link

食べ過ぎたら腹痛が…食べ過ぎた時の腹痛の対処法

腹痛

食べ過ぎた時の腹痛の対処法

毎日の食事の量は人によってまちまちですよね。
大食いの人もいれば小食の人もいます。

人によって食事の量は違いますが、いつもの食事より多い量を食べてしまうと、
つまり食べ過ぎてしまうと後から腹痛が襲ってきたりしますよね…。

食べ過ぎて腹痛が襲ってきた場合、どうすれば腹痛を和らげることができるのでしょうか?

食べ過ぎによる腹痛3つの原因

腹痛食べ過ぎ
実は食べ過ぎでおこる腹痛は3つの種類があるといわれています。

消化不良
食べ過ぎが原因で起こる腹痛で真っ先に思い浮かぶのが消化不良です。
食べ物を消化する胃の働きにも限界があります。
胃の消化スピードを上回る速さで次から次へと食事をとると、結果的に食べ物が胃に残ってしまうことになります。
こうなると、胸やけ、むかつき、みぞおちに痛みが走るといったような症状があらわれます。

消化不良は時間とおもに症状がおさまります。
水分をこまめにとって、安静にすることをこころがけましょう。
ひどいときには消化促進剤を使ってもいいでしょう。

下痢
食べ過ぎが長い間続いたりすると、下痢の症状があらわれて腹痛を覚えることがあります。
これは、食べ過ぎにより胃の働きが過剰になってしまうことが原因です。

この症状の場合も水分をこまめにとり、安静にするうようにしましょう。
また腹痛がおさまるまではなるべく胃への負担を抑えるように心がけましょう。
固形物などは控えたほうがいいですね。

胃液の過剰分泌
食べ物を消化するために、胃は胃液を分泌しています。
食べ物を食べ過ぎるとこの胃液が過剰に分泌されることになり、痛みを感じるようになります。
この胃液の過剰分泌は放っておくと胃潰瘍などの病気に発展してしまうこともあります。

胃液の過剰分泌が原因の場合は胃酸の分泌を抑制する薬を飲むのがいいでしょう。

食べ過ぎは体にいいものではありません。
腹痛になるだけでなく、太ってしまう原因にもなります。
ついつい美味しそうな食べ物を目の前にしてしまうと食べ過ぎになってしまいがちですが、
ぐっとその気持ちを抑えて、よく噛んでゆっくり食事をとるように心がけましょう。

以上、食べ過ぎたら腹痛が…食べ過ぎた時の腹痛の対処法でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ