Sponsored Link

ヨーグルトの食べ過ぎはダメ!ヨーグルトの適正量について

ヨーグルト

ヨーグルトの効果と食べ過ぎたときのデメリット

ヨーグルトが健康にいいという話はよく聞きますよね。

朝食でヨーグルトを食べましょう。
ヨーグルトで腸内環境を整えましょう。

こういったセリフをよく聞きますね。
確かにヨーグルトを食べることで色々な効果があります。

しかし、ヨーグルトが健康に役立つからといって、食べ過ぎるのも考え物です。

今回はヨーグルトの効果と食べ過ぎた場合のデメリットについてご紹介します。

ヨーグルトの効果

ヨーグルト効果
まずは、ヨーグルトを適正な量摂取した場合の効果からご紹介していきましょう。

ヨーグルトを適正な量摂取することでたくさんの効果を得ることができます。

・便秘解消
・美肌効果
・骨の強化
・生活習慣病対策
・免疫力の向上
・脂肪の燃焼促進

ざっとあげただけでもこれだけの効果があります。

ヨーグルトを食べ過ぎた際のデメリット

下痢
たくさんのプラスな効果があるヨーグルトですが、食べ過ぎてしまうとデメリットもあります。

最も一般的なデメリットは「下痢」でしょう…。
ヨーグルトには整腸作用がありますが、ヨーグルトを食べ過ぎてしまえば下痢になってしまいます。
こういった経験は誰しもが人生で一度は経験するのではないでしょうか。

またこの他にも体重の増加、高コレステロール血症、乳癌になりやすくなるといったようなデメリットがあります。
とは言ってもあくまでこれは「食べ過ぎた」場合のお話です。

ヨーグルトの適正量って?

適正量
ヨーグルトを食べ過ぎればデメリットがあるということは分かっていただけたと思います。
それでは、どれくらいの量が適正なのでしょうか?
ヨーグルトは1日100g程度の摂取が推奨されています。
基本的にこの量を守っていれば、ヨーグルトが原因で病気になったりということはないでしょう。

ヨーグルトは素晴らしい効果がたくさんある食べ物です。
しかし、食べ過ぎてしまえばせっかくの良い効果を得られなくなるだけでなく、体調を崩してしまうことにもなりかねません。
適正量を守って、ヨーグルトを毎日の食事に取り入れてみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ