Sponsored Link

なんでなの?ついつい食べ過ぎてしまう理由とは?

食べ過ぎ

食べ過ぎてしまう理由は?

食事は人間が生きていくうえで必要不可欠なものです。
しかし、食事をとりおえるたびに「また食べ過ぎてしまった…。」と悩む人も少なくはないでしょう?

食事の食べ過ぎは太る原因にもなってしまいますし、ひどい場合には病気の原因にもなってしまいます。
今回はそんな「食べ過ぎて」しまう理由をご紹介します。

食べ過ぎてしまう理由

食べ過ぎの理由
食べ過ぎの理由はいくつかありますが、今回は食事法に関する理由をご紹介していきますね。

噛まずに食べる
人間は胃の中に入った食事の量より、口を動かした回数、つまり噛む回数で満腹感をえやすいのです。
そのため、食べ物を噛む量が少ないとなかなか満腹感を得ることができずに食べ過ぎてしまうことになってしまうのです。

お腹が空いていれば空いているほど、目の前の食事をどんどん胃に入れたくなって噛む回数も減りがちですが、
その気持ちをぐっと抑えてよく噛んで食べることで、結果的に少ない食事で満腹感を得ることができるのです。

早食いをしてしまう
これも根本的な原因は「噛まずに食べる」ことと一緒です。
早食いをするということは、それだけ食べ物を噛む回数が少なくなるということです。

食べ過ぎを防ぐ方法

食べ過ぎを防ぐ
食べ過ぎを防ぐ方法はたくさん紹介されていますね。
しかし、最も簡単な方法は「ゆっくり食べる」ということを意識することです。

食事をゆっくりとるようにすれば、必然的に噛む回数も増え、早食いを抑えることができます。
一人で食事をとると、急いで食事を済ませてしまいがちです。
特に男性なんかはそうかもしれませんね。

「食事をとっている時間がもったいないから、さっさと済ませてしまおう!」
その気持ちは分からなくもないですが、その考え方こそが食べ過ぎに繋がっているのです。

ドラマなどで家族そろって一日の出来事を話ながら食事をとる光景をよく目にしますよね。
あのように誰かとお話をしながら食事をとるのは実は食べ過ぎを防ぐことにもつながっているのです。
以上、なんでなの?ついつい食べ過ぎてしまう理由とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ