Sponsored Link

食べ過ぎて気持ちが悪い時の4つの対処法とは?

満腹

食べ過ぎて気持ちが悪い時の対処法

美味しいものを食べているときは、ついつい食べ過ぎてしまいがち…。
食べてるときは「美味しい」という気持ちが勝っていても、食べ終わったら気持ちが悪くなって後悔することもしばしば。
今回はそんな食べ過ぎて気持ちが悪くなってしまった時の対処法をご紹介します。

対処法1…横になる

横になる
食べ過ぎて気持ちが悪くなったら、まずは横になって体を休めるようにしましょう。
仰向けになって体を休めてもいいのですが、食べ過ぎて気持ちが悪い時は体の右側を下にして横になるようにしましょう。

そうすることで、悪くなっていた胃の消化を促進させることができます。
胃の消化が促進されれば、その分気持ち悪さが消えるまでにかかる時間も短くなります。

逆に間違って左側を下にして横になってしまうと気持ち悪さが消えるどころか、悪化してしまう可能性もあります。
胃酸が逆流してしまう可能性もありますからね。

対処法2…ミント系のガムを噛む

ミントガム
ミントの味がするガムを噛むと、口の中が爽やかになり気持ち悪い症状も少し和らぎます。
気持ち悪すぎて噛むのも億劫だという場合には、ガムではなくタブレットなどでもOKです。

対処法3…ツボを押す

ツボ
「内関」と呼ばれるツボは、消化器系の不調に効果があります。
食べ過ぎによる気持ち悪さにはぴったりのツボですね。

手のひらを上に向けてみましょう。
そうすると手首のあたりにしわがありますよね。

このしわの中心部分からひじの方に指3本分ずれた場所が内関になります。
横になって休みながらでも押すことができるのでおすすめです。

対処法4…りんごジュースを飲む

リンゴジュース
横になって少し休んだりして、少し胃の中に余裕ができてきたらりんごジュースを飲んでみましょう。
りんごジュースには胃の消化を助けてくれる効果があります。
可能であれば市販のりんごジュースより、果物のりんごをすりおろしたりして飲む方が効果は大きいのでおすすめです。

美味しいものを目の前にすると、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。
一番良いのは食べ過ぎないことですが、もしこれから食べ過ぎて気持ち悪くなってしまうことがあれば、今回紹介した方法を試してみてください。
以上、食べ過ぎて気持ちが悪い時の4つの対処法とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ