Sponsored Link

16歳未満は18時まで!ゲームセンターとゲームコーナーの違いについての雑学

ゲーセン

16歳未満は18時以降は入店禁止のゲームセンター



ゲームセンターとゲームコーナーの違いって何だかわかりますか?

店舗の広さ?ゲームの数?ゲームの設置機種?

ゲームセンターとゲームコーナーを同じだと思っている方も多いのではないでしょうか?

両者の違いを簡単に書くと


ゲームセンターは、風営法の許可がいる

ゲームコーナーは、風営法の許可がいらない


ゲームセンターは、風営法の許可のもと営業しているので、例えば24時間営業は出来なかったり16歳未満の入店は18時以降は禁止されていたりします。最近では風営法の取り締まりも厳しくなっているので、18時前になると、スタッフが16歳未満だなと思うお客さんがいると、必死に退店して頂くように声をかけているのをみかけます。

一方、ゲームコーナーはと言うと、風営法のもとに営業しているわけではありませんので、16歳未満のお客様が18時以降にいようと問題はないので退店の声をかけに来る事はありません。(自主的に声をかけている店舗はあります)
ゲームコーナーの場合は、風営法の許可がいらないと書きましたが、実際には同じゲーム機も設置してあったりするので何で風営法の許可がいらないの?となりますが、
風営法の届け出をしなくてはならない事項に該当しない様に営業をしているからなのです。


■ゲームコーナーとして認められるには?

・独立した店舗ではない事

ゲーム機しか設置していない店舗やビルは、ゲームセンターとして風営法を届けなくてはいけません。 ショッピングセンターやホテルの中にある場合なのどの、他の施設の中にある一画としてあるならば、ゲームコーナーとして認められる。

・ゲームコーナーがしっかり見える事

ショッピングセンターの中にあるゲームコーナーを思い出して下さい、ゲームコーナーの入り口は、ほとんど、どこからでも入れる様にしています。これは、独立した店舗ではないと言う理由の一つで、入口が狭かったり店舗の周りを壁で囲ってあったりすれば、独立した店舗とみなされ、風営法の対象すなわちゲームセンターに該当する事になります。

上記のことから、ショッピングセンター等にあるゲームコーナーはゲームセンターではないので、18時以降で16歳未満のお客様がいたとしても問題ないのです。


おまけに、ゲームセンターで人気のパチンコやスロットの機械がありますが、実際のパチンコ店の遊技機と同じではありません。これも風営法上ゲームセンターはパチンコ店で使っている機械をそのまま使うと違反になってしまうからなのです。

また、ゲームセンターで人気の クレーンゲーム(UFOキャッチャー)は風営法上で小売価格がおおむね800円までと決まっていますので、風営法をきっちり守っている店舗は800円以上の景品は置いていないはずです。

景品の額が800円なのに ゲーム機の本体など明らかに高い景品があるクレーンゲームなどありますが(例えばドラッグストアの片隅とかにある、鍵を取るゲーム機)、あれは、ゲームセンターではなく、ゲームコーナーに置いてある為、風営法の適応外なため、取り締まりが出来ないので設置している店も違法にはならないそうです。

あくまでも噂ですが、あのクレーンゲーム機には設定があるためいくら頑張っても取れない様に設定すると、いつまでも景品を取る事が出来ないらしいです。だから絶対に店側は損をしない様になっているといわれています。

以上が、16歳未満は18時まで!ゲームセンターとゲームコーナーの違いについての雑学の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ