Sponsored Link

人の体で一番最初に老化が始まる場所は、目である理由とは?

目の老化

人間の体で一番最初に老化する場所は、目だった!

人間は、歳を取るたびに老化していきます。
子供の頃は、早く大人になりたい!と思っていた方も多いのではないでしょうか?


それが、30歳、40歳、50…60になるにつれて、毎日が早く感じられ、
歳を取りたくないと思うようになるものです。




いつからか、老化との戦いが始まる訳です。




そんな老化ですが、あなたは一番最初に老化が始まる部分をどこからだと思っていましたか?

「肌の老化」「歯の老化」「食欲の老化」「目の老化」

上記の中で一番最初に来る老化は、「目の老化」なんです。

そう、「目の老化」は10代から始まっているんです。


本を最短距離に近づけて読める限界で、目の老化が解るそうです。

10代~20代だと、10cmから15cm前後でも読めるらしいのですが
30代になると15cm以上
40代になると20cm以上になるそうです。 あなたの年齢に合わせて、実際にやってみてください。

そして、60代以上になると、なんと60cm本から離れないと読めなくなる程「目は老化」するのです。
通常、本を読むときには30cm~50cm位は離して読むので、なかなか気づきにくいと思います。

目は近い場所を見る時に、水晶体と呼ばれる部分を動かしピントを合わせます。

若い時は、目の筋肉が水晶体を動かしてくれるのですが、
年齢が進むにつれて筋力が低下していきピントが合わなくなってきます。


今まで読んでいた本の距離では見えづらくなったと感じたら、
老眼が近づいている老眼の症状が現れ始めているという事です。

以上が、人の体で一番最初に老化が始まる場所は、目である理由とは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ