Sponsored Link

できれば見たくない…悪夢の原因と対策

悪夢

悪夢を見てしまう原因とは

あなたは夢を良く見る方でしょうか? それともほとんど見ないですか?

人間は睡眠中、ほぼ確実に夢を見ていると言われます。
夢を見なかったと思う場合、それは目覚めた時にそのことを記憶していないからです。

楽しい夢ばかりなら問題ありませんが、そうとばかりは限りませんよね。
時には思い出したくもないような悪夢を見ることだってあると思います。

悪夢逃げる


悪夢によくありがちなパターンなのが、「何者かに追い掛け回される」というもの。これは日常生活に何か気がかりなことがある場合、
それが姿を変えて夢の中に現れるともいいます。


その他、高いところから落ちる、殺されるというのもオーソドックスな悪夢のパターン。
また、現実の生活で体験しトラウマとなっているような出来事が夢の中で繰り返されるという場合もあります。

悪夢は入眠後、比較的眠りの浅い初期に見ることが多いとされています。
これは悪夢が眠りが浅く、脳の活動がまだ活発な状態であるときに見るものであることを示しています。

ぐうたら


モノを食べてすぐに寝てしまうと悪夢を見やすいと言われていますが、これも食べ物を食べた直後は身体の新陳代謝が上がり、それに合わせて脳の活動が活性化してしまうことが原因と言われています。



日常生活のストレスが悪夢を見る原因のひとつであることは良く知られています。
進学や就職など、生活環境が大きく変化した直後、妊娠・出産や引っ越しといった出来事も悪夢を見るトリガーとなります。
PTSDや頭部の外傷を負った場合、悪夢を見る確率が上がります。
(参考:悪夢wikipedia)

悪夢を見る頻度が高く、憂鬱や不安などの症状が現れるような場合、最も手軽でシンプルな対策として、生活習慣の改善や軽い運動が上げられます。
ヨガ



ヨガや深呼吸、瞑想といったリラックス法も効果的です。



酒やタバコ、コーヒーなど刺激物を控える、寝室の環境をより落ち着いて眠れるよう改善するといったことも重要です。
このような改善を試みるだけでも、かなりの効果が期待できます。

もしそれでも一向に悪夢を見る頻度が変わらない場合は医者に相談して適切な治療を受ける必要があります。
うつ病などに発展する危険性も考えられるからです。

快適な睡眠は健康の基本です。
たかが夢なんだし……と、甘く見ずに、きちんと対策を取って安眠できるよう心がけたいものですね。

以上が、できれば見たくない…悪夢の原因と対策の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ