Sponsored Link

冬にやりがち!こたつで寝ると風邪を引いてしまうって本当?

こたつ 風邪

こたつで寝ると風邪をひくって本当!?

寒い冬の必需品「こたつ」特に寒い地方の方には欠かせない物ですよね。
こたつで温まりながらテレビを観たり、時には鍋料理などを囲んだりしていると
ついつい、眠くなってしまいます。

こたつで居眠りをするのは、とても気持ちが良いですよね。

しかし、こたつで寝ているとお母さんやお父さんにこの様に言われた経験がありませんか?

「こたつで寝ると風邪をひくよ」

一度は言われた事があるではないかと思われる言葉ですが、
実際に、こたつで寝てしまうと風邪をひいてしまうのでしょうか。

今回は、こたつと風邪についての雑学になります。

そもそも、風邪とはどんな事を言うのでしょうか。

風邪

風邪症候群とは

風邪とは、呼吸器系の炎症性の症状の事。
また、その状態を表す総称である。
正式名称は、「感冒」や「急性上気道炎」医学的には「風邪症候群」と呼ばれる。
(風邪: wikipediaより引用)

風邪の正式な定義は決まってないと言われているのですが、
主にウイルスの感染によって鼻や喉の炎症が起こる事
咳・頭痛・鼻汁・鼻づまり・発熱・倦怠感・食欲不振・下痢などが起こる事を風邪症候群と呼んでいるのです。
また、風邪症候群の90%程度がウイルスの感染によるものだと言われています。
他に細菌やマイコプラズマ、クラミジア、溶連菌などの感染によっても同じ症状が現れる事もあります。
これらの、ウイルスや細菌など風邪の原因となる数は200種類以上だと言われているんです。
冬になると流行る、インフルエンザもインフルエンザウイルスの感染によって症状が現れます。

風邪の症状はウイルスによって現れると言う事は解りましたが。
なぜ、こたつで寝ているだけなのに、風邪をひいてしまうのでしょうか?


こたつで風邪

こたつで寝ると風邪をひいてしまう理由



こたつで寝てしまう事により、風邪症状がでてしまう事は良くあるのですが、
実際には、こたつで寝てしまったから風邪をひくと言うよりも、
こたつで寝る事によって風邪をひきやすい環境を作ってしまうと言う事が言えるでしょう。

こたつで風邪をひきやすい環境にしてしまう理由はいくつかありますが、
その中でも、以下の事が有力ではないでしょうか?

■こたつで寝る時は、半身ばかりこたつに入り温かく、上半身は寒い状態が続くため上半身を下半身の体温調整がままない事。

■こたつで寝てしまうと、布団で寝る時よりも温かい為、体内の熱を逃がそうとする事から発汗してしまい、脱水症状にもなり体温が下がり免疫力が低下してしまう。

■こたつで寝ても疲れが取れない。体温調整が上手くいかなかったり、長時間こたつに入る事によって脱水症状が現れたりするので、体が休まらず疲れが取れにくくなり免疫力低下によって風邪をひきやすくなる。



冬は、空気が乾燥しやすく風邪の原因になるウイルスが活動しやすい時期ですので、
ちょっとした免疫力の低下からウイルスに感染して風邪症状が現れてしまいやすくなると思われます。

上述のことから、こたつで寝てしまうと風邪をひきやすくなってしまうと言えるでしょう。

寒い冬には、なかなか離れずらい「こたつ」ですが体に負担をかけて風邪をひいてしまっては元も子もありません、栄養と睡眠をたっぷりとり健康に過したいものです。

以上が、冬にやりがち!こたつで寝ると風邪を引いてしまうって本当?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ