Sponsored Link

寒いのにのぼせてる!?冷えのぼせの原因と対策

冷えのぼせの原因

辛い冷えのぼせの原因と対策

手足が冷えてしまっているのに、顔だけがほてったり頭がのぼせたようになることはありませんか?
それはもしかすると、「冷えのぼせ」かもしれません。

冷えのぼせの症状と原因

冷えのぼせ
冷えのぼせは冷え性の重篤な症状の現れ方のひとつです。
血行不良のため、下半身や身体の末端に血液が行き届かず、上半身に多くの血流と熱が集まるため、頭がのぼせたようになるのです。
特に女性に多く、動悸や生理痛、脚のむくみといった症状が現れることもあります。
成長するにつれ、生活の悪習感などから血行不良を起こし、冷え性になっていきます。
子どもの冷え性はほとんどありません。
(参考:冷え性wikipedia)

身体を締め付けるような服装、露出が多く身体を冷やしやすい服装は血行不良の原因となり、冷え性になりやすくなります。

食べるものが原因となる場合もあります。
冷たいアイスやジュースなどは、低い温度で身体を冷やす原因になるばかりでなく、含まれる糖分も身体を冷やす原因となるため、冷え性には良くありません。

夏野菜には水分を豊富に含むものが多く、これも身体を冷やす原因となります。
生野菜のサラダなどは一見、健康に良さそうに思えますが、冷え性の人は要注意です。

タバコには血管を収縮させる作用があり、冷え性を悪化させる原因になります。
タバコが引き起こす血管の収縮効果は2時間以上持続するので、続けて喫煙すると、更に冷え性を悪化させることになります。

冷え症にスポーツが有効

のぼせスポーツ
冷え性は血行不良が原因ですので、改善にはスポーツが有効です。
適度に運動をして汗をかくと、新陳代謝が活発化して自律神経の正常化を促します。
有酸素運動が特に効果的ですので、ウォーキングやエアロビがオススメです。
ただし、同じ有酸素運動でも水泳は長時間水につかって身体を冷やすことになるので、冷え性の対策としてはオススメできません。

服装は下半身を冷やさないよう着こむようにして、上半身は軽めにするのが効果的です。
入浴すると身体が温まり血行が促進されますが、血管が広がっている状態になっているため、入浴後、すぐに身体が冷えてしまうことがあります。
その場合、風呂あがりの足のつま先にちょっと冷水をかけるのがオススメです。
つま先が冷水を感じると、血管は体温を逃すまいと瞬間的に収縮するため、入浴で温まった体温を逃がしにくくなります。
以上が、寒いのにのぼせてる!?冷えのぼせの原因と対策の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ