Sponsored Link

6つのコツ!キスマークを早く消す方法とは?

キスマーク

キスマークを早く消す方法ってあるの?

キスマークがついてしまって困った……なんて経験、ありませんか?
服で隠せるような場所ならともかく、顔や首元についてしまうと問題です。
社会人だったら職場で叱責されることだって……。

一夜が過ぎた後はちょっと困りモノのキスマーク。
すぐに消す方法はないのでしょうか?

そもそもキスマークがついてしまうのは、なぜでしょうか?
キスマークは医学用語では吸引性皮下出血と呼びます。
(参考:接吻wikipedia)
つまり吸引することによって生じる内出血のことで、れっきとしたケガの一種なんです。
膝などを打ち付けてできる青あざと原理的には同じですね。

青あざと一緒……ということは、つまり内出血の治療法が有効、ということになります。

キスマーク早く治す6つのポイント

チェック
①…蒸しタオルで患部を温める。
内出血ですから、うっ血を解消することが基本です。
蒸しタオルなどでキスマークの出来た部分を温め、血液の循環を良くしましょう。

②…患部にレモンを使う。
温めたキスマークのできた部分にスライスしたレモンを当てたり、レモン汁を塗ると効果があると言われています。
民間療法の一種ですが、ビタミンが内出血に効果的であるとされています。

③…馬油を使う。
内出血には馬油が効果的であるのが知られています。
馬油は皮膚への浸透性が高く、また血行促進の効果があるため、内出血の改善に効果的であるとされています。

④…市販の軟膏を使う。
もちろん、市販されている内出血用の軟膏を塗るのも効果的です。

⑤…湿布や絆創膏を使う。
場所にもよりますが、湿布や絆創膏で誤魔化す手もあります。

⑥…ピップエレキバンを使う。
ピップエレキバンであれば血行促進もしますので、改善が期待できます。

上記の方法で改善することはできますが、いずれも瞬時に消せる即効性はありません。
どうしてもすぐにキスマークを消したい時は、女性用化粧品のコンシーラーを使いましょう。
本来はシミなどを隠す際に下地として塗るものですが、応急処置としては有効です。

ついつい盛り上がりすぎてキスマークが出来てしまう、というのは仕方がないことではありますが、特に社会人の場合は周りの目があることも留意し、あまり派手なことにならないよう、注意したいところですね。

以上が、6つのコツ!キスマークを早く消す方法とは?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ